ITカイゼンの極意!



ITカイゼンとは?

7. ITカイゼンのためのツール

 多くの場合、ITカイゼンのためには、道具としてのITが不可欠となります。情報の流れをよくするためには、情報をある程度デジタル化し、効率的な保管と検索、時間や場所の制約を受けにくい伝達、過去の事例やノウハウの再利用などを積極的に行っていく必要があります。

 道具としてのITでは、実現したいしくみを作る人と使う人が同一の人、あるいは同じ部署の人である必要があります。つまり、ITの専門家でなくても、実現したいしくみが作れるようなITツールが必要です。具体的にあげると、以下のような要件を満たしてほしいですね。

  • プログラムをすることなく、パラメータなどの設定により目的の機能を実現できる
  • Excelや既存の情報をそのまま活用でき、同時にレガシーのデータベースなどとも連携が可能である
  • 企業の業務知識と若干のITスキルがある要員が、自ら工夫することでカスタマイズが可能である
  • コストがかからず、創意工夫が成果として共有でき、それを再利用することが容易である
  • データおよびデータ構造がオープンであり、業務の変更や拡張に対応でき発展性がある

 マイクロソフト社のExcelというITツールは、非常に優れたソフトウェアであり、多くの製造業の現場で、管理業務をこのソフトウェアを利用して実施しています。しかし、Excelの難点は、形式や構造が自由な分だけ、そこに含まれている情報を、外部のしくみとやりとり(連携)する場合に手間がかかるということです。

 コンテキサーは、Excelのような柔軟性を持ちながら、情報を外部のRDBや個別のCSVなどと容易に連携でき、内部でさまざまな加工や集計などができる便利ツールということもできます。

 おしまい
>> ITカイゼンの極意! 目次へ戻る



ページのトップへ戻る