コンテキサー 逆引きマニュアル

1.基本的な操作

1.起動と終了

2.画面の操作

3.データの管理

4.処理結果画面の利用

2.レコードの操作

1.テーブル画面でのレコード操作

2.フォーム画面でのレコード操作

3.補助画面を利用したレコード操作

4.特殊なレコード処理

3.フィルタとソート

1.表示対象レコードの絞り込み

2.グループ化による集計

3.フィルタバーの操作

4.高度なフィルタ

4.業務アプリの設定

1.業務アプリの保存

2.メニューの利用方法

3.ナビゲーション

4.シートの切り替え

5.シートのデザイン

1.シートのデザイン

2.パネルの表示方法

3.表形式のデザイン

 

6.コンテキストの作成

1.パネルの新規追加

2.特殊なパネルの作成

3.データの表示方法の設定

4.対応エンティティの編集

7.コンテキスト項目の定義

1.データの操作

2.主キーの設定

3.省略値の設定

4.特殊なデータ型式の利用

8.計算式の利用

1.論理式の利用

2.数値の端数処理

3.文字列の演算

4.日付関連の計算

5.その他の定数

 

9.操作のデザイン

1.フォーム画面での入力方法

2.パネルバーのアイコンの設定

3.データの編集方法の設定

4.入力候補データの設定

5.項目間の連携の設定(ルックアップ)

 

10.画面のデザイン

1.フォーム画面のデザイン

2.フォーム部品の配置

3.フォームタブの設定

 

11.コンテキスト連携の利用

1.補助画面を利用した入力

2.レコード選択による連携

3.明細データの複製

4.連携ロジックの応用

5.複数データ間での突合せ

6.該当するデータの転記

12.展開データの操作方法

1.展開パネルのデザイン

2.展開データの利用方法

3.組合せ展開の利用

 

13.コマンドとボタン

1.コマンドボタン

2.コマンドの定義

3.コマンドの拡張

 

14.エンティティとデータ構造

1.エンティティの定義

2.コンテキストの定義

3.エンティティのデータ

4.データ連結の設定

15.テキストファイルの入出力

1.CSVファイルの利用

2.特殊な読込方法

3.書出し時の設定

4.日付付きのファイル名

5.ファイルの保存場所

6.テキストデータの利用

16.関係データベース(RDB)の利用

1.RDBとのデータのやり取り

2.RDBのフィールドの指定

3.RDBによるデータ共有

4.Accessデータベースの利用

17.クラウドデータベースの利用

1.データセットの設定

2.クラウドデータベースへのデータの読み書き

3.クラウドデータベースの管理

4.C-VIEWERによるクラウドデータベースの操作

5.C-VIEWERによる業務アプリ

 

18.Excelとの連携

1.Excelからのデータ入力

2.Excelへのデータ転送

3.Excelマクロの起動

 

19.サイトの管理

1.プログラムの管理

2.セキュリティ設定

3. コンテキサー関連の管理

 

 



2017年7月13日 更新
ページのトップへ戻る