1-1.基本的な操作 - 起動と終了

業務アプリを開始するには

【説明】

コンテキサーは、業務アプリを起動するためのプラットフォームです。コンテキサーを起動した状態では、業務アプリが読み込まれていない場合があります。業務アプリは、さまざまな対象業務ごとに定義された設定ファイルを読込むことで実行可能です。

【操作手順1】

業務アプリの定義ファイル(拡張子がctpのもの)をダブルクリックすることで業務アプリが起動します。

【操作手順2】

コンテキサーをメニューから起動した後に、「ファイル」メニューの「設定読込」を選択し、業務アプリの定義ファイルを読込むことで起動します。

【操作手順3】

サイトライセンスの場合は、コンテキサーを起動すると、業務アプリの起動メニューが表示される場合があります。ボタンを選択することで、対応する業務アプリが起動します。

【操作手順4】

前回の設定を継続する設定になっている場合には、コンテキサーを起動した時点で、前回実行した業務アプリが自動起動します。

【関連項目】

システム導入マニュアル - 起動と終了

 

 

2016年11月23日 更新