1-4.基本的な操作 - 処理結果画面の利用

エラーの内容を確認するには

【説明】

コンテキサーを用いて業務データを処理する過程において、あらかじめ定義されたコンテキサーの内部ロジックを実行した結果、処理エラーが発生する場合があります。こうした場合は、エラーの内容を確認し、必要なアクションをとります。

【操作手順】

表示メニューの処理結果をクリックします。「エラーのみ」チェックボックスをチェックすると、エラーメッセージのみが表示されます。

【関連項目】

Runtime版マニュアル - 操作画面の説明

 

2016年11月23日 更新