11-1.コンテキスト連携の利用 - 補助画面を利用した入力

補助画面をパネルとしてシートに埋め込むには

【説明】

テーブル画面やフォーム画面でデータを入力する時に、省力化のために入力補助用の画面を利用します。コンテキサーでは、シート上のパネルの一つを補助画面として利用できます。

【例】

下記(1)に示すような別シートにあるテーブルを、(2)のシート上のパネルとして埋め込み、補助画面として利用する例を示します。

【操作手順】

手順1.

(1)補助画面パネルのパネルバーを右クリックし、(2)パネルメニューから「シート移動」を選択します。

手順2.

(1)移動先シート名プルダウンメニューから「受注伝票」を選択し、(2)「OK」をクリックします。

手順3.

(1)補助画面パネルが受注伝票シートに配置されます。必要に応じ、シート上のパネルを使いやすいようにレイアウト変更します。(管理メニューの「シート」で設定できます)

手順4.

(1)入力作業する受注登録(明細)パネルのパネルメニューで、詳細定義→連携(補助)を選択します。

手順5.

(1)コンテキスト連携(補助)設定画面の基本設定タブで、(2)「ダブルクリック許可」と(3)「ドロップを許可(追加)」にチェックを入れます。

(4)ドロップダウンリストから連携先に「補助画面」を選択します。((5)「補助画面を利用する」のチェックは外します)

手順6.

(1)コンテキスト連携(補助)設定画面の連携内容タブを選択し、(2)連携先の項目とコピー元の項目を選択し、(3)登録ボタンをクリックします。

手順7.

(1)補助画面パネルの項目から(2)「N003ケースC」をダブルクリックまたはドラッグアンドドロップして、(3)受注登録(明細)パネルの項目を(4)へ追加したり修正したりできます。

【関連項目】

2016年11月24日 更新