11-2.コンテキスト連携の利用 - レコード選択による連携

選択したレコードに応じて補助画面上の候補を切り替えるには

【説明】

補助画面を使って表示された候補からマウスで選択して入力させることで、値の入力作業を省けます。補助画面に表示する候補となるレコードは、入力対象とするレコードに応じて切り替えることができます。切り替えるには、補助画面のコンテキストを、入力対象のコンテキストによって限定させることで実現します。

【具体例】

次のような、品番・品名・種別を持った補助画面(1)が同一シートに配置されている場合に、受注明細に入力する「種別」に応じて、補助画面に表示する項目を切り替える例で説明します。

【操作手順】

手順1.

(1)補助画面のパネルバーを右クリックし、パネルメニュー詳細定義→連携(限定)を選択します。

手順2.

(1)コンテキスト連携設定画面の基本設定タブで、(2)限定方法「選択されたレコード」チェックを入れ、(3)プルダウンメニューから連携先「受注明細」を選択します。

手順3.

(1)コンテキスト連携設定画面の「連携キー」タブで、(2)自コンテキスト項目のプルダウンメニューから「種別」、(3)連携先コンテキスト項目のプルダウンメニューから「種別」を選択し、(4)登録ボタンをクリックします。

手順4.

(1)選択された受注登録(明細)データの種別「N」に等しいデータのみが、(2)補助画面パネルに表示されます。

【関連項目】

2016年12月2日 更新