11-2.コンテキスト連携の利用 - レコード選択による連携

複数のパネル間で選択レコードを連動させるには

【説明】

別パネルで選択しているレコードに対応したレコードを選択状態にさせるには、限定の「選択伝播」を使います。

例えば、「品目」パネルと「品目別売上」パネルがあり、「品目」パネルでレコードを選択するとそれに対応する「品目別売上」パネルのレコードを自動的に選択する、という動作を選択伝播で実現できます。

【操作手順】

(1) 担当者がレコード選択するための「品目」パネルを作成します。
「ID」項目を追加します。

(2) 自動的に選択させておきたいパネル(「品目別売上」パネル)を作成します。
「品目ID」項目を追加します。

(3) 「品目別売上」パネルのパネルメニューを開き、限定を定義します。

(4) 「連携先」に「品目」パネルを選択します。
また、「選択伝播」にチェックして「選択されたレコードで限定」のチェックを解除します。

(5) 「連携キー」タブをクリックして、限定の連携キーを指定します。
この例では、連携キーに「品目」パネルの「ID」と「品目別売上」パネルの「品目ID」を指定します。
レコードを正しく選択伝播させるには、「品目」パネルと「品目別売上」パネルにあるレコードが1対1に対応するような条件を指定する必要があります。

(6) [登録]ボタンをクリックして限定定義を登録します。

(7) 登録されると、「品目」パネルで選択したレコードの「ID」と合致する「品目別売上」パネルの「品目ID」が同じレコードが選択伝播されます。

【関連項目】

2016年12月2日 更新