11-4.コンテキスト連携の利用 - 連携ロジックの応用

明細データの初期値に伝票データの項目値を設定するには(補助省略)

【説明】

伝票パネルと明細パネルの関係において、明細データを新規に追加した際に、その項目の値を伝票データから取得したい場合があります。
これはエンティティを用いたデータ連結でも可能ですが、明細データのなかで個別にこの値を修正する可能性がある場合は、連携(補助)のロジックによって、省略値として値を取得します。

【操作手順】

(1)下記の、受注登録(伝票)の日付を受注登録(明細)の日付の省略値として取得する例で説明します。

(2)編集メニューの詳細定義から連携(補助)選択します。

(3)コンテキスト連携(補助)の設定画面の基本設定タブで、「省略値取得」にチェックを入れ、プルダウンメニューから連携先のコンテキストを選択します。

(4)コンテキスト連携(補助)の設定画面の連携内容タブで、プルダウンメニューから省略値を取得する項目とコピー元の項目を設定して登録します。

(5)次のように、明細を追加すると受注登録(伝票)の日付が省略値として設定されます。

【関連項目】

2016年11月24日 更新