11-4.コンテキスト連携の利用 - 連携ロジックの応用

明細データをマスターから個別に複製するには(転記追加)

【説明】

作業指示書などのように、製品に対応した工程手順を注文ごとに作成するような場合は、明細データには別に用意された工程手順マスタをもとにデータを作成します。この場合は、連携(転記)ロジックによって、明細データを追加します。

例えば、次のように、

工程手順マスタに、工程IDと作業名、
明細に明細ID、工程IDと作業名がある場合、

明細パネルに工程手順マスタからの転記を定義することで明細データを生成できます。

【操作手順】

この際、連携(転記)ロジックでは、「追加を許可(マージ)」をチェックしてください。

(1) パネルメニューで「詳細定義」→「連携(転記)」を選択します。

(2) 「追加を許可(マージ)」をチェックします。

【関連項目】

2016年8月9日 更新