11-6.コンテキスト連携の利用 - 該当するデータの転記

他のコンテキストの該当データを対象コンテキストに転記するには

【説明】

コンテキスト間の転記の基本形は、対象コンテキストのすべてのデータについて、他のコンテキストから該当データを探し、項目の値を更新するものです。

このために、対象コンテキストに対して、連携先のコンテキストを指定し、該当データの探し方を連携キーによって定義し、そして転記する内容を指定します。

【具体例】

下記に、(1)品番マスタ変更データにある(2)品番と、(3)品番マスタの(4)品番が一致する場合に、品番マスタの(5)品名を、品番マスタ変更データの(6)品名に変更する例を示します。

【操作手順】

手順1.(1)パネルメニューで詳細定義→(2)「連携(転記)」を選択します。

手順2.

(1)「コンテキスト連携(転記)」画面の「基本設定」タブで、プルダウンから(4)連携先に「品番マスタ変更データ」を選択します。

手順3.

(1)「コンテキスト連携(転記)」画面の「連携キー」タブで、連携キーとして(2)「連携先コンテキスト項目」に「品番」項目を選択し、(3)「自コンテキスト項目」にも「品番」項目を選択します。

手順4.

(1)「コンテキスト連携(転記)」画面の「連携キー」タブで、対象項目として、(2)自コンテキストの「品名」項目を選択し、連結項目として、(3)連携先コンテキストの「品名」項目を選択し、(4)「登録」ボタンをクリックします。

手順5.

(1)品番マスタのうち、(2)「品番」項目が一致するデータの(3)「品名」に、(4)品番マスタ変更データの(5)「品名」が転記され、品番マスタが変更されます。

【関連項目】

2016年11月24日 更新