12-2.展開データの操作方法 - 展開データの利用方法

展開画面の展開データを保存および復元するには (Professional版のみ)

【説明】

時系列展開パネルやクロス展開パネルの展開された部分のデータは、そのままの状態では保存されません。

それらのデータを保存するには、まず対象となる展開パネルを保存した上で、展開内容コンテキストとしてコンテキサーが作業用として管理しているコンテキストを保存してください。これにより、展開のベースとなるデータの部分と、展開内容の部分を分けて、2つのファイルとして保存されます。

保存したファイルの内容を読込むことで、展開データが復元します。

【操作手順】

(1) 展開パネルのパネルバーを右クリックして「データ保存(CSV)」を選択します。

(2) 「作業用」メニューから対応する展開パネルの時系列データのコンテキストを選択します。

(3) そのパネルバーを右クリックして「データ保存(CSV)」を選択します。

(4) 「入出力」メニューにそれぞれのパネルに対応する入出力コンテキストが生成されていることを確認します。

(5) 次回業務アプリ起動時には、「ファイル」メニューの「データ読み込み」からデータを読み込むことかできます。

 

【関連項目】

 

2014年10月3日 更新