15-4.テキストファイルの入出力 - 日付付きのファイル名

日付付きのファイルを読込むには

【説明】

入出力コンテキストとして扱うファイル名に、日付を付けることができます。日付付きでCSVファイルを保存した場合は、ローリングを有効にすることで、翌日以降もそのファイルを再度入力ファイルとして読み込めます。

【操作手順】

手順1. 「管理」メニューの「コンテキスト」選択して、「入出力用」ラジオボタンをクリックして、変更する入出力コンテキストを選択します。

手順2. [詳細]ボタンをクリックします。

手順3. 「入出力定義」タブを選択して、[詳細設定]ボタンをクリックします。

(1)ファイル名に保存した日付を付ける場合は、「ファイル名に入力日を含める」をチェックします。

(2)前日以前のファイルを読込む場合には、「ローリング(昨日以前のファイルを読込む)」をチェックしてください。これにより、昨日以前で60日以内に保存された最新のものを読込みます。

【関連項目】

入出力の詳細設定 - Professional版マニュアル

 

2014年5月7日 更新