15-5.テキストファイルの入出力 - ファイルの保存場所

CSVファイルのフォルダを一括指定するには

【説明】

コンテキサーで使用するすべての業務アプリのCSVファイルを一か所のフォルダにまとめて保存しておき、そこからの相対パスで各ファイルの保存場所を指定できます。

この設定は、初期ファイル(Contexer.ini)に保存されます。設定した場合、業務アプリのctpファイル内で定義されている共通フォルダの位置が無視され、そのPC上でのすべての業務アプリの入出力ファイルの損フォルダが一括して変更されます。

【操作手順】[Professional版のみ]

手順1. 「ファイル」から「プロパティ」を選択します。

手順2.「基本設定」タブの「テキストフォルダ」欄にそのPCで共通のCSVファイルの保存先を指定します。

その後、[登録]ボタンをクリックします。

【操作手順】[全エディション]

コンテキサーのデータフォルダにあるContexer.iniを次のように書き換えます。

Contexer.iniが存在しない場合は、メモ帳などのテキストエディタで新規作成してください。

<IniFile>
<TextFilePath value="共通フォルダのパス"/>
</IniFile>

「共通フォルダのパス」という部分に、共通フォルダのパスを指定します。

【関連項目】

2014年5月7日 更新