16-1.RDBの利用 - RDBテーブルの読み書き

RDBのテーブルからレコードを読み込むには

【説明】

既存のRDBのテーブルを、コンテキサーに読み込むことで、限定や転記などのコンテキスト操作ができるようになります。

すでにRDB上にテーブルが存在する場合は、RDB上のテーブルを元に、コンテキサー上でパネル用コンテキストを作成できます。

コンテキサーでは、通常ODBC接続を用いてデータベースへアクセスします。ODBC設定が完了後、コンテキサーの「データベース」設定画面において対象となるDSNやデータセットを設定すれば、パネルの追加時でテーブルの定義をそのままパネルとして表示できます。

RDBのテーブルからパネルを追加すると、RDB用の入出力コンテキストが生成され、業務アプリをデータベースからレコードを読み込んだり、修正した内容を書き出したりできるようになります。

【操作手順】

(1) 事前にデータベースの接続設定を設定します。

(2) 「編集」メニューの「パネル追加」を選択します。

(3) 業務アプリに取り込むテーブルを選択して、[コンテキスト生成]ボタンをクリックします。

(4) 業務アプリを開いた際に、テーブルから自動的にレコードを読み込むかどうかを選択します。

テーブルのレコード数が膨大な場合、読み込みに時間が掛かります。フィルタや限定で読み込むレコードを絞り込みたい場合は、「いいえ」を選択して下さい。

(5) 選択したテーブルに対応する パネル用コンテキストと入出力用コンテキストが生成されます。

【関連項目】

2017年4月21日 更新