16-1.RDBの利用 - RDBテーブルの読み書き

RDBのテーブルにデータを保存するには

【説明】

コンテキストのレコードをRDB上に保存して管理することで、基幹システムなど、社内の複数の部門をまたぐ業務アプリを運用できます。

RDBにコンテキストのレコードをすべて保存するには、コンテキサー側にRDB用の入出力コンテキストを定義すると共に、RDB上に対応するテーブルが必要となります。

すでにRDB側にテーブルが存在する場合には、その定義情報とあわせてコンテキサーに取り込むことで、入出力コンテキストが生成されます。この時点では、RDBのテーブルからは読込のみが許可されています。

【操作手順】

(1) 「ファイル」メニューの「データ書き出し」を選択します。

(2) 「データベース(RDB)」が選択されていることを確認して、
データを書き出すコンテキスト(テーブル)にチェックを入れて[書き出す]ボタンをクリックします。

なお、この時点で「追加」「更新」「削除」のいずれも0件の場合は、データの書き出しは行われません。

また、表に目的のコンテキストが見当たらない場合は、RDBテーブルへの書き込み可能となっていません。
「コンテキスト詳細」画面の「入出力定義」タブにおいて、「書込許可」をチェックしてください。

【関連項目】

2017年3月3日 更新