16-1.RDBの利用 - RDBテーブルの読み書き

RDBにテーブルを自動生成するには

【説明】

コンテキサーのデータをRDBのテーブルとして書き出すためには、RDB上に対応するテーブルが必要です。

RDB上に該当するテーブルがない場合には、コンテキサーから対応するテーブルをRDB上に生成できます。

【操作手順】

すでにあるコンテキストからRDB上にテーブルを生成します。

(1) パネルメニューを右クリックして[パネル複製]を選択します。

(2) RDBとやりとりするための入出力用コンテキストの名前を入力します。
ここでは、コンテキスト名に「_tbl」を付加した名前を入力します。

(3)「管理」メニューから「コンテキスト」を選択します。

複製したコンテキストを選択して[詳細]ボタンをクリックします。

(4) コンテキスト詳細画面で種別を「入出力用」に変更します。

(5) 「入出力定義」タブで、[詳細設定]ボタンをクリックし、「入出力詳細設定」画面でデータベース設定で登録したDSN名と、テーブル名を選択します。

(6) 「書出許可」をチェックして[フィールド定義]ボタンをクリックします。

(7) [外部テーブル生成]ボタンをクリックして、RDB上のテーブル名を入力して[OK]をクリックします。

この操作で、DSN名で設定したRDB上にテーブルが生成されます。

(8) 「入出力定義」タブに戻り[詳細設定]ボタンをクリックして、主キーを確認します。

(9) コンテキストにデータを追加して、「ファイル」メニューの「データ書き出し」でRDBにコンテキストの内容を書き出します。

 

【関連項目】

 

2017年3月3日 更新