16-1.RDBの利用 - RDBテーブルの読み書き

連携(限定)を利用して部分的にデータを読込むには [Professional版のみ]

【説明】

コンテキサーの通常の定義方法では、 あらかじめ、検索対象となるコンテキストのレコードをすべて読み込んだ後に、そのコンテキストでフィルタまたは限定機能を使って目的のレコードを絞り込んで検索します。

「全件取得」で取得する際のレコード数をあらかじめ何らかの条件で十分に絞り込めない場合は、対象となる入出力コンテキストに対して、「限定」を定義することでWHERE句を付加することができます。

【操作手順】

入出力コンテキストの限定機能を使って、次のような定義方法で、検索対象のみを取得できます。

(1) パネル追加にて対象のテーブルを追加します。(このパネルをコンテキストAとします)

(2) コンテキストAを表示した状態で
「編集」メニューの「設定ウィザード」の「検索パネル追加」を開きます。
検索する項目を選択して[完了]をクリックします。

この操作で検索用パネル(コンテキストB)が作成されます。

(3) コンテキストAに対応するRDBテーブルの入出力コンテキスト(名前:コンテキストA_rdb)の
「コンテキスト詳細」画面にて「自動読込」のチェックを解除します。

(4) コンテキストA_rdbにて、コンテキストAですでに定義されている[限定]定義と同一の限定定義を追加します。

(5) 「管理」メニューの「コマンド」を開き、新しくコマンドを作成します。
表部分にてアクションを次のように追加します。

アクション 内容1
確定 コンテキストB
連携(限定) (コンテキストA_rdbの限定定義)
データ読込 コンテキストA_rdb

※コマンドボタンは、表示名を「検索」として、ボタン配置を「コンテキストB」の「パネル」としておきます。
またすでに表示されている[検索]ボタンは、「画面デザイン」の「登録」チェックを解除することで
非表示にできます。

以上のように定義することで検索条件に応じてクエリを発行させることができます。

【関連項目】

 

2017年4月21日 更新