16-4.RDBの利用 - Accessデータベースの利用

Accessデータベースにデータを保存するには

【説明】

Accessデータベースへデータを書き込むには、入出力コンテキストの定義が必要となります。

【操作手順】 

すでにAccessデータベース用の入出力コンテキストが存在する場合は、「ファイル」メニューの「データ書き込み」を選択して、「外部データ書込」画面において、データが保存できます。

(1) 「ファイル」メニューの「データ書き出し」を選択します。

(2) [全選択]をクリックするか、書き出すコンテキストにチェックを入れます。

(3) [書き出す]ボタンをクリックします。

ただし、Accessデータベース用の入出力コンテキストを自動的に作成した場合には、コンテキスト詳細画面の「入出力定義」タブにおいて、「データ書込許可」をチェックする必要があります。

次のように「外部へデータ書き出し」画面に何もコンテキストが表示されていない場合は、書き出し許可が有効になっていません。

書き込み許可を有効にするには、「コンテキスト詳細」画面の「入出力定義」タブで[書出許可]にチェックを入れてください。

【関連項目】

2016年9月2日 更新