2-2.データの操作 - フォーム画面でのレコード操作

フォーム画面でレコードを修正するには

【説明】

フォーム画面では、表形式でレコードを選択すると、そのレコードに対応する項目の値を変更できるようになります。変更したい項目の値を変更した上で、確定ボタンをクリックすると、レコードの修正内容が反映されます。なお、レコードを確定する前であれば、取消ボタンでの変更内容を取り消しできます。変更したいレコードを表形式から選択します。

【操作手順】

入力フォームに、選択したレコードの値が表示され、修正できるようになります。

ここでは、顧客名を編集して、[確定]ボタンをクリックします。クリックすると表形式の該当する箇所に変更が反映されます。

【関連項目】

Runtime版マニュアル - パネル上での入力操作

2016年8月10日 更新