2-3.データの操作 - 補助画面を利用したレコード操作

補助画面を利用してレコードを追加するには

【説明】

補助画面が表示されているパネルでは、既存のレコードの中から入力したい項目が含まれるマウスで選択する利用します。

補助画面からドラッグ&ドロップすることでレコードが追加できるように定義されているパネルでは、補助画面の候補リストの中から、入力したいレコードの行ヘッダの部分をドラッグし、対象パネルの表形式上にドロップすることで、レコードを追加できます。

【操作手順】

(1) 補助画面を表示します。
補助画面は、あらかじめ対象の業務アプリで補助が定義されている必要があります。

(2) 補助画面から入力したい項目を選び、パネル側へドラッグ&ドロップします。

(3) あらかじめ設定されている項目に値が入力されます。

【関連項目】

Runtime版マニュアル - テーブル画面での操作

2016年8月9日 更新