3-1.フィルタとソート - 表示対象レコードの絞り込み

あいまいな条件でフィルタするには

【説明】

テーブルに表示されたレコードの指定した項目において、指定したキーワードを含むレコードのみを絞り込んで表示できます。なお、項目のデータ型が「文字列」以外の場合には、キーワードがその項目のデータ型に変換され、通常のフィルタと同じ動作となります。

【操作方法1】

(1) テーブル画面の列メニューにおいて、「フィルタ」を選択します。

(2) 絞り込むキーワードを入力します。

(3) 入力したキーワードを含む値を持つ項目だけに絞り込まれます。
このとき、フィルタによる絞り込みが行われている項目の見出し部分の右下に⊿(三角形の印)が表示されます。

(4) フィルタを解除して、すべてのレコードを表示するには、列メニューの「表示条件の解除」を選択します。
または、[Ctrl]+[E]キーを押します。

【関連項目】

特定の項目でフィルタするには

 

2016年4月15日 更新