3-3.フィルタとソート - フィルタバーの操作

フィルタの条件を式で指定するには

【説明】

フィルタ条件として計算式を指定できます。計算式を使うことでより複雑な条件でフィルタを適用できます。

【操作手順】

(1) まずレコードを絞り込むために、次のいずれかの方法でフィルタを設定します。

(2) フィルタバーの計算式アイコン(fx)をクリックします。

(3) 「数式エディタ」画面が表示されます。

(4) この画面で、条件値として指定する式を入力します。

(5) [検証]ボタンをクリックして式が正しく指定されていることを確認して、[登録]ボタンをクリックします。

(6) フィルタバーに計算式が入力されます。

このとき、計算式の先頭に、計算式であることを示す「=」が付加されます。

(7) [検索]ボタンをクリックしてフィルタを適用します。

【関連項目】

 

2016年4月17日 更新