5-3.シートのデザイン - 表形式のデザイン

コンテキストから項目を削除するには

【説明】

表形式にある項目を一時的に非表示にするのではなく、コンテキストから項目ごと削除することも可能です。

項目をコンテキストから削除することで、不要なメモリの消費を避け、パフォーマンスが向上します。コンテキストから項目を削除すると、対応するフォーム画面のフォーム部品も削除されます。

ただし、項目を削除しても、エンティティのある属性は削除されず、対応するレコードの値も削除されません。

【操作手順】(項目を削除するには)

列メニューにおいて、「項目削除」を選択します。

削除した項目を再び表示するには

(1) パネルバーを右クリックして「パネル編集」を選択します。

(2) 「コンテキスト詳細」画面で[項目一覧]ボタンをクリックします。

(3) 「コンテキスト」画面で、新しい行を追加します。

また、「属性名」の列で項目に対応付けるエンティティの属性を選択します。

(4) [登録]ボタンをクリックします。

【関連項目】

2016年8月9日 更新