6-4.コンテキストの作成 - 対応エンティティの編集

対応するエンティティを変更するには【上級】

【説明】

コンテキストは常に1つのエンティティと連結しています。エンティティはコンテキストのデータの内容を保持しており、同一のエンティティを持つコンテキスト間では同じデータが参照されます。

コンテキストが連結するエンティティを変更すると、そのコンテキストのデータの内容が新しいエンティティの内容に切り替わります。ただし、項目名が同じでない場合は、個別に項目と属性との関係を繋ぎ合わせる必要があります。

【操作手順】

(1)パネルバーを右クリックしてパネルメニューで「パネル編集」を選択します。

(2)「コンテキスト詳細定義」画面で「エンティティ」タブを開きます。

(3) 「エンティティ」欄で、コンテキストに対応させたいエンティティを選択します。
新しいエンティティを生成したい場合は、エンティティを新規に作成するにはをご覧ください。

(4) [表示名合わせ]ボタンをクリックします。
この時、コンテキストの項目名とエンティティの属性名が同じ場合は、自動で項目と属性が対応付けられます。

(5) [表示名合わせ]ボタンをクリックすると、確認メッセージが表示されますので、[はい]をクリックします。

(6) 項目名と属性名が同じでない場合は、項目に対して個別に項目と属性との関係を対応付ける必要があります。
この場合、[項目一覧]ボタンをクリックします。

(7) 項目名と属性名の対応関係を個別に定義します。

(8) 登録します。

【関連項目】

 

2017年1月12日 更新