7-3.データ項目の定義 - 省略値の設定

他のコンテキストの値を初期値とするには

【説明】

レコードを追加する際に、項目の初期値として、他のパネルで選択されているレコードの値を利用できます。

【操作手順】

次のような項目を持つパネルを定義します。ここでは、製品パネルで選択しているレコードの単価を、受注伝票の「単価」の初期値となるように定義します。

「受注伝票」パネルの「単価」項目を右クリックして「設定画面」を選択します。

「初期値」に次のような式を入力します。

[単価@製品]

この式は、「製品」コンテキストで選択しているレコードの「単価」項目の値を表しています。

「製品」パネルでレコードを選択した上で、「受注伝票」パネルで[新規]ボタンをクリックして新しいレコードを追加すると「単価」項目に、「製品」パネルで選択したレコードの単価が、入力されます。

【関連項目】

 

2016年8月10日 更新