7-4.データ項目の定義 - 特殊なデータ型式の利用

日付の入力にカレンダーを利用するには

【説明】

データ型が日付時刻である場合、カレンダーを利用して日付を入力できます。カレンダーで入力できるようにするには、フォーム形式の画面において、項目の入力方法を「カレンダー」とします。実際には、表示された日付の右にあるマークをマウスでクリックすることでカレンダーが表示されます。

【操作手順】

(1) 項目の入力欄を右クリックして項目メニューから「設定画面」を選択します。

(2) 「入力方法」欄から「カレンダー」を選択します。

(3) [登録]ボタンをクリックします。

(4) 日付欄の右側にある[▼]マークをクリックすると、カレンダーが表示され月日を入力できます。

【関連項目】

2016年8月10日 更新