7-4.データ項目の定義 - 特殊なデータ型式の利用

選択されたデータに対応したフォルダを開くには

【説明】

フォーム形式の画面において、文字列型の項目の入力形式をファイルとし、実際にデータの入力時にフォルダを指定することで、データにフォルダを対応させることができます。

これによって、各データに対応した形式の異なる複数のファイルを一括してフィルダに保存して管理できます。

【操作手順】(フォルダボタンを定義する方法)

(1) フォームの項目を右クリックし、項目メニューから「設定画面」を選択します。

(2) 入力方法でファイルを選択します。

(3) [登録]ボタンをクリックします。
登録すると、入力フォームの欄に、フォルダを開くためのボタンが表示されます。

【操作手順】(フォルダを選択する方法)

(1) レコード入力時にフォルダを選択するには、項目メニューの「フォルダ選択」を選択します。

(2) 入力フォームに画像が表示されます。

(3) なお、選択した画像をクリアする場合には、項目メニューの「ファイル取消」を選択します。

【関連項目】

2016年8月10日 更新