9-4.操作のデザイン - 入力候補データの設定

プルダウンで入力候補を表示するには

【説明】

テーブル形式、フォーム形式ともに項目の入力方法をプルダウン形式にできます。プルダウン形式にできる項目のデータ型は文字列か番号です。プルダウンの候補には、区分用コンテキストまたは区分データを利用できます。

【準備1:区分用コンテキストを使う場合】(候補に使用する区分用コンテキストの設定)

候補に区分用コンテキストをレコードを使う場合には、次の方法でプルダウンを設定します。

(1) プルダウン候補に使用したい区分用コンテキストを作成します。

(2) その区分用コンテキストを表示して、パネルメニューのパネル編集を開きます。

(3)「コンテキスト詳細」画面で、「区分用」にチェックを入れます。
また、そして、プルダウンメニューから、プルダウン候補の表示名に使用する項目名を選択します。

(4) [登録]ボタンをクリックします。

 

【準備2:区分用コンテキストを使う場合】(プルダウン候補用の区分用コンテキストの指定)

(1) プルダウンで入力したい項目があるコンテキストを表示して、そのパネルメニューのパネル編集を開きます。

(2) パネルメニューのパネル編集で[項目一覧]ボタンをクリックします。

(3) 「コンテキスト」画面で、プルダウンで入力する項目の「区分名」欄で、その項目でプルダウン候補に使用したいコンテキストを選択します。

(3) [登録]ボタンをクリックします。

 

【準備:区分データを使う場合】

データ項目の区分名にて直接候補値を定義するには、次の方法で定義します。

(1) プルダウンで入力したい項目があるコンテキストを表示して、そのパネルメニューのパネル編集を開きます。

(2) パネルメニューのパネル編集で[項目一覧]ボタンをクリックします。

(3) プルダウン入力したい項目の「区分名」で「(新規)」を選択します。

(3) 表示された「区分リストの生成」画面にて、区分名を入力します。

(4) リスト欄に候補となる値を入力します。一行が候補1つに対応します。

(5) [登録]ボタンをクリックすると、区分リストが登録されますので、さらに[登録]ボタンをクリックします。

【共通:入力フォームのプルダウンの設定】

入力フォームで、項目をプルダウンで選択できるようにするには、さらに項目設定画面で入力方法を「プルダウン」を選択します。 入力方法を「プルダウン」にするには、次の説明をご覧ください。

プルダウンから値を選択するには - 逆引きマニュアル

【関連項目】

 

2016年8月9日 更新