9-5.操作のデザイン - 項目間の連携の設定(VLOOKUP)

複数の組合せによって項目の値を補完するには

【説明】

転記にある「確定時自動補完」機能を使うと、入力フォーム画面やテーブル画面で、項目に値を入力した時点で、その値をキーに関連するコンテキストから、他の項目の値を補完できます。

補完に用いる関連する他のコンテキストにある該当データは、複数の条件の組合せによって選ぶことができます。条件に合致する複数のレコードがある場合は、最初に合致したレコードが選択されます。

例えば、製品の仕様(長さと直径)など複数の組み合わせがある場合など2つ以上の項目を条件にして、他の項目(ランク)を補完入力できます。

【操作手順】

1. 次のような「仕様」パネルを定義します。

2. 補完入力させたいパネル(ここでは「注文明細」パネル)を定義します。

3. 「注文明細」パネルの[転記]画面を開き、「変更時実行(VLOOKUP)」および「転記元は全データとする」にチェックを入れます。

4. 「連携キー」タブをクリックして、補完する際に、他のコンテキストと比較する項目を指定します。

5. 「転記内容」タブをクリックして、他のコンテキストから補完する項目を指定します。

6. [登録]ボタンをクリックして定義を登録します。

7. 「注文明細」パネルにて、「長さ」および「直径」を入力して、エンターキーを押すと、自動的に「クラス」項目が補完されます。

このとき、連携先(転記元)のコンテキストから、「長さ」「直径」が合致するレコードを探し、「クラス」が補完入力されます。合致するレコードが複数存在する場合には、一番最初に合致したレコードを使って補完されます。

【関連項目】

 

2015年2月4日 更新