コンテキスト詳細(選択条件)画面 [Professional]

概要

コンテキストは、各項目に設定された条件により、そこに含まれるデータを制限しています。コンテキストが持つ制約には、画面上でユーザがインスタントフィルターあるいはフィルタバーなどで指定した一時的な制約と、業務アプリケーションの設計者またはカイゼン担当者が指定した登録された制約があります。

「コンテキスト詳細設定」画面の「選択条件」タブでは、コンテキストに指定された表示条件が表示されています。「フィルタ」には、フィルタ機能での制約条件や、限定による一時的な制約条件、固定されたフィルタの制約条件の有効無効を設定できます。登録された制約条件は、入力フォームにおける入力の検証チェックや、作業コンテキストを用いた部分的な転記など、さまざまな用途で使用します。

各パートの説明

「選択条件」タブでは、コンテキストの対象データに関するフィルタ、ソート、そしてグループを指定します。このタブでは、パネルの表形式で設定した一時的な条件設定を、恒久的な固定の条件として設定できます。一時的な条件設定と恒久的な条件設定は、チェックによって切り替えられます。

したがって、業務アプリを開いた際に、パネルの表形式に常に指定したフィルタ、ソート、グループを適用しておくには、まず画面上で一時的なフィルタやソート、グループを設定し、「選択条件」タブで該当する条件にチェックを入れてください。

「選択条件」タブ
図 「コンテキスト詳細」画面の「選択条件」タブ
表 「選択条件」タブの説明
番号 項目 説明
1 「フィルタ」欄のチェックボックス 「フィルタ」欄の条件リストでは、コンテキストのデータ(レコード)を絞り込むフィルタ条件が表示されています。このリストには、フィルタバーやインスタンスフィルタで一時的に設定した条件が表示され、コンテキストには条件をすべて満たすレコードのみが表示されています。
チェックされた条件は、設定ファイルに保存される恒久的な条件となります。条件にチェックを入れることで、コンテキストの絞り込み条件を定義したことになります。
2 項目名 フィルタを適用する項目が表示されます。ここでは定義を変更できません。
3 フィルタを適用する項目の比較値が表示されます。ここでは定義を変更できません。
4 種別 フィルタを適用する項目の比較条件が表示されます。ここでは定義を変更できません。
5 メッセージ ここでメッセージを設定すると、フィルタ条件がフォームの入力条件となっている場合、入力エラーとしてこのメッセージが表示されます。
6 「ソート」欄のチェックボックス ソート条件リストでは、ソートしている項目から常にソートする項目および昇順か降順かの種別を指定します。先頭の項目から比較していきます。
このチェックがあるものは、恒久的なものとなります。テーブル画面の列メニューにおいてソートを実行した状態では、チェックが反映されませんが、「条件の固定」を行なうか、条件にチェックを入れることで、コンテキストの並び替え条件を定義したことになります。
7 項目名 ソートを実行する項目が指定されています。ここでは定義を変更することはできません。
8 種別 ソートの種別として昇順、または降順が表示されます。ここでは定義を変更することはできません。
9 「グループ」欄のチェックボックス グループ項目リストでは、グループ化している項目から常にグループ化する項目を指定します。複数設定された場合には、それらの項目の組合せについてグループ化されます。
このチェックがあるものは、恒久的なものとなります。テーブル画面の列メニューにおいてグループを実行しただけでは、次回起動時に反映されていませんが、「条件の固定」を行なうか、条件にチェックを入れることで、コンテキストのグループ条件を定義したことになります。
10 項目名 グループ化を実行する項目が指定されています。ここでは定義を変更できません。

起動方法

コンテキサーのトップメニュー「管理」から、「コンテキスト」を選択し、コンテキスト定義画面から[詳細]ボタンをクリックします。

 

2016年8月9日 更新