コンテキスト詳細(エンティティ)画面 [Professional]

概要

エンティティは、コンテキストのデータを保持するためのデータの実体です。複数のコンテキストが一つのエンティティによってデータが内部的に保持されている場合があります。ここでは、対象コンテキストとエンティティの関係について設定できます。

各パートの説明

「エンティティ」タブでは、コンテキストに対応するエンティティに関する定義を一部変更できます。エンティティの主キーの変更、主キーの採番時のカウンタやフォーマットの定義、また、エンティティ上の属性を削除することもできます。

「エンティティ」タブ
図 「コンテキスト詳細」画面の「エンティティ」タブ
表 「エンティティ」タブの説明
番号 項目 説明
1 エンティティ エンティティコンボボックスでは、コンテキストが基とするエンティティを選択します。
2 主キー 主キーのコンボボックスでは、エンティティが持つ属性の中から、主キーとなるものを選択します。なお、エンティティには、もともとKeyという名称の主キーが設定されています。主キーを変更した場合には、これまでのKeyは不要な場合には自動で削除されます。
3 フォーマット 主キーが文字列である場合に、ここで指定するフォーマットが、主キーの自動採番の方法を決定します。シングルクォートで囲まれた文字は固定で、0でしめされた部分にカウンタの数字が毎回カウントアップされて設定されます。
4 生成ボタン 生成ボタンでは、コンテキストが既存のエンティティではなく、新規のエンティティを基とする場合に、新しいエンティティを生成します。
5 カウンタ カウンタは、主キーの値が重複しないように常に増加する変数です。その時点での値が設定されます。この値をもとに主キーが決定されます。
6 カウンタ初期化 カウンタ初期化にチェックがあると、業務アプリを実行時に生成カウンタがアップしても、業務アプリ終了後に1に戻ります。
7 属性名 属性名には、エンティティが持つ属性の一覧をリスト形式で表示されます。属性名は、それぞれの属性の識別名となります。
8 データ型 データ型は、識別名に対応する属性のデータ型が表示されます。
9 削除 削除の列をチェックすることで、エンティティにある属性を削除できます。属性がない項目は、コンテキスト内にデータを保持し、エンティティを介して、他のコンテキストと値を共有できません。
10 属性追加 属性追加ボタンをクリックすると、対象コンテキストで、属性に対応付けられていない項目がある場合に、エンティティで対応する同一名の属性を探し、属性がない場合はエンティティに属性を追加した上で項目と対応付けます。
11 属性自動追加 属性自動追加をチェックすると、コンテキスト定義画面上で項目を追加した際に、それに対応する属性をエンティティに自動生成します。
12 項目追加 項目追加ボタンをクリックすると、エンティティの属性にあってコンテキストの項目にはないものを探し、それらを新しい項目として追加します。追加された項目は基となるエンティティ属性と対応しています。
13 表示名合せ 表示名合せボタンをクリックすると、項目の表示名について、エンティティを共有するすべてのコンテキストについて統一します。表形式部分の項目と、入力フォームの項目の両方について実施します。

 

起動方法

コンテキサーのトップメニュー「管理」から、「コンテキスト」を選択し、コンテキスト定義画面から[詳細]ボタンをクリックします。

 

2017年1月12日 更新