フィールド定義画面 [Professional]

概要

データベースとの読み書き処理において、コンテキスト上の項目と、外部データベースのテーブルのフィールドとの対応付けを定義する画面です。

CSV形式の場合

[フィールド定義]ボタンをクリックした場合に、CSVやタブ区切り,固定長テキストファイルにおけるフィールドを指定できます。

「CSV形式のフィールド定義」画面
図 「CSV形式のフィールド定義」画面
表 「CSV形式のフィールド定義」画面の項目
番号 項目 説明
1 登録 登録ボタンをクリックすると、定義内容を登録し設定画面を閉じます。
2 項目 項目は、コンテキストの項目が表示されます。
3 データ型 データ型には、コンテキストの項目に対応するデータ型が表示されます。
4 長さ 固定長のテキストファイルの場合に指定します。また、CSV形式の場合でもし0よりも大きい整数が設定されていれば、出力時にその数の文字数(正確にはバイト数)に丸められて出力されます。
5 拡張 拡張は、通常は0を指定します。もし、最後の項目の拡張の値として-1を指定した場合には、その項目は可変長の項目となり、展開コンテキストとして別途データを保持する展開内容コンテキストが生成されます。

 

入出力コンテキスト(CSV)の自動生成

すでに業務の中で利用されているExcelデータをコンテキサーで利用する場合に、Excelの各シートに対応したCSVファイルを作成しておく必要があります。コンテキサーからは、CSVファイルで読み書きできます。コンテキサーでCSVファイルを読み書きするには、対象となるデータの入ったCSVファイルの形式に対応する入出力コンテキストをコンテキサー側で定義しておきます。

コンテキサーでは、既存のCSVファイルに対応した入出力コンテキストを定義できます。この機能を利用するためには、対象のCSVファイルの1行目にフィールド名を記述しておく必要があります。

CSVファイル用の入出力コンテキストの定義方法

入出力コンテキストを生成するためには、コンテキスト定義画面において、「入出力」を選択した後に[詳細]ボタンをクリックします。

コンテキスト詳細設定画面の「入出力定義」タブにおいて、入力区分を「CSV形式」とします。CSVファイルを選択するには、[詳細設定]ボタンをクリックして、「ファイル名」欄にCSVファイルを指定します。

[自動取得]ボタンを使うことで、指定したCSVファイルの1行目を項目名と見なして、入出力用コンテキストを自動的に定義できます。[自動取得]ボタンをクリックして、対象となるCSVファイル名を指定します。

必要に応じてフォルダの指定をあらかじめ行うこともできます。(ファイル名の指定ダイアログでは、ファイル名の指定は行いませんので注意してください。この部分はシステムにより自動設定されます。)内容が正しければ[登録]ボタンをクリックします。

さらにコンテキスト定義画面で[登録]ボタンをクリックすると、デフォルトのコンテキスト名が示されますので、必要に応じて変更し、OKボタンをクリックしてください。

なお、初期状態では、項目のデータ型はすべて「文字列」となります。数値などの項目がある場合には、項目設定で変更します。また、主キーは設定されません。これも必要に応じて設定してください。

入出力コンテキスト自動生成のために利用した対象ファイルは、実際に入力データとしても利用します。その際に、1行目のフィールド名を無視するために、オフセット値として1に自動設定します。レコードの実データが2行目から始まらない場合は、この値をレコードの開始行数としておきます。

RDB形式の場合

対象データベースがRDBの場合は、[フィールド定義]ボタンをクリックした場合に、次の項目が設定されます。それぞれについて、説明します。

「データベース(RDB)のフィールド定義」画面
図 「データベース(RDB)のフィールド定義」画面
表 「データベース(RDB)のフィールド定義」画面の項目
番号 項目 説明
1 登録 登録ボタンをクリックすると、RDBフィールド定義の内容を確定させ登録します。
2 定義取得 定義取得ボタンをクリックすると、外部のRDBに定義されたスキーマ情報をもとに、RDBフィールドを新規に追加します。外部の定義情報を取得するためには、あらかじめ入出力定義タブにおいて、取得ボタンをクリックしテーブル情報を取得しておく必要があります。
3 外部テーブル生成 外部テーブルボタンをクリックすると、現在の設定をRDBに送り、RDB上で新規にテーブルを生成します。すでにテーブルが存在する場合は修正できません。
4 型設定 型設定ボタンをクリックすると、コンテキストの各項目に定義されたデータ型情報をもとに、外部RDBの形式にあった型を再設定します。
5 項目 フォールドデータの項目列は、RDB上のフィールド名です。これはコンテキストの項目名とまったく同じです。
6 データ型 データ型の列は、RDB上でのデータ型を指定します。
7 長さ 長さは、RDBフィールドが文字列の場合に、文字列の長さを指定します。
8 NULL NULLは、RDBフィールドがNULLを許容する場合にチェックします。

RDBテーブル自動生成(RDB版のみ)

RDB対応の入出力コンテキストについても、すでにRDB上にテーブルが定義されている場合には、その定義情報を取得し、コンテキストを自動生成できます。RDB対応の入出力コンテキストの内容を自動生成するには、コンテキストの詳細設定画面で入出力定義タブを開き、DSN名を設定したのちに、テーブル名の行にある取得ボタンをクリックします。これにより、テーブルの候補リストが取り込まれ、テーブル名のプルダウンにそれらの候補が設定されます。

RDBテーブル用の入出力用コンテキストの定義方法

生成するテーブルを選択したら、RDBフィールドボタンをクリックします。続いて、表示されたRDBフィールド画面で、[定義取得]ボタンをクリックします。データベースからフィールド情報がコピーされ、その内容にしたがって入出力コンテキストが定義されます。最終的にコンテキストの登録ボタンをクリックすると、RDBの内容がコンテキサー上に取り込まれます。

コンテキサー上で業務データを管理し、RDBにはそれに対応したテーブルが存在しない場合は、逆にコンテキサーがRDBのテーブル定義情報をRDBへ送り、RDB上に対応するテーブルを新規に自動生成することもできます。

RDB上にコンテキサーの入出力コンテキストに対応したテーブルを新規に作成するためには、コンテキスト詳細画面の入出力定義タブにおいて、RDBフィールドボタンをクリックします。次の図のようなRDBフィールド画面において、まず型設定ボタンをクリックし、RDB上のデータ型と長さを設定します。

そして、テーブルの主キーを設定しておき、最後に構造書出ボタンをクリックし、正常終了となればデータの書出し用のRDBテーブルの作成が完了です。

起動方法

コンテキスト詳細(入出力定義)画面で[フィールド定義]ボタンをクリックします。

 

2016年11月18日 更新