Contexer.iniの内容

概要

コンテキサーの設定ファイルには、個々のコンピュータの動作環境に応じてコンテキサー実行に必要ないくつかの情報が設定されています。Contexer.iniは、次のように記述します。

<IniFile>
<LogoTitle value="ITカイゼン社内ツール"/>
</IniFile>

設定ファイルのフォーマットは、図のように、パラメータ名と値のペアとなっています。パラメータの種類とその用法は、次の通りです。

設定ファイルの内容
キーワード 備考
AppTitle 業務アプリケーション名  
業務タイトル(AppTitle) に設定した文字は、コンテキサーのタイトルバーの左端に表示されます。ここで設定しない場合には、業務プロファイルのファイル名となります。
CurrentDate 現在日付を変更する場合に指定  
現在日付(CurrentDate)に日付を設定した場合には、その日付が現在日としてコンテキサーは認識します。指定した日時を当日と見なして処理させたい場合に利用します。日付は通常の日付の形式、例えば、「2012/4/24」という形式で指定します。指定されていない場合には、そのままコンピュータのカレンダー通りの日付となります。
TextFilePath ファイルの格納場所  
テキストフォルダ(TextFilePath)にはCSVやテキストファイルを置くフォルダを指定します。各ファイルを入力または出力する際に、共通フォルダを選択した場合には、ここで指定したフォルダを起点としてファイルを探します。逆にいうと、共通フォルダとして業務プロファイル内で指定されている内容は無視されます。
PictureFilePath 画像ファイルの格納場所  
画像フォルダ(PictureFilePath)には、入力コントロールの形式が“画像”である場合の画像の保存先のフォルダを指定します。ここでフォルダ指定があった場合には、共通フォルダとして業務プロファイル内で指定してあるフォルダに代わって、このフォルダが各画像ファイルの保存場所として検索されます。
DataFilePath データファイルの格納場所  
データフォルダ(DataFilePath)には、入力コントロールの形式が“ファイル”である場合のファイルの保存先のフォルダを指定します。ここでフォルダ指定があった場合には、共通フォルダとして業務プロファイル内で指定してあるフォルダに代わって、このフォルダが各データファイルの保存場所として検索されます。
ExcelFilePath Excelファイルの格納場所  
Excelフォルダ(ExcelFilePath)は、Excel連携した際に、Excelワークブックを保存するフォルダを指定します。ここでフォルダを指定した場合には、Excelを保存した場合にそのフォルダに保存されます。また、一度保存されたExcelファイルは、次回以降に同じ画面にてExcel連携をアクションを実行した場合には、そのファイルが雛形として呼び出されます。
LicenseUri ライセンス認証用サーバーのURI  
ライセンスURL(LicenseUri)は、コンテキサーのライセンスサーバのアドレスを設定します。アドレスが設定されていない場合は、グローバル認証サーバで認証します。ローカルネットワークにライセンスサーバが設置されている場合には、そのアドレスを指定します。
LoginUri ユーザ認証用サーバーのURI  
ログインURL(LoginUri)は、ユーザ認証するサイトサーバのアドレスを設定します。アドレスが設定されていない場合は、グローバル認証サーバで認証します。ローカルネットワークにライセンスサーバが設置されている場合には、そのアドレスを指定します。
UserAuth 起動時にログイン画面を表示するかどうかの指定 yesまたはno、省略時はyes
ユーザ認証を行う(UserAuth)は、サイトライセンスの場合にログイン画面を表示してユーザ認証するかどうかを指定します。省略値はyesであり、設定がない場合は認証を行います。noが設定されている場合は、サイトライセンスの場合であってもユーザ認証が省略されます。ただし業務メニューが表示されません。またユーザ認証によって接続するクラウドデータベースへのアクセスも不可となります。
AutoUpdate 最新モジュールを自動更新するかの指定 yesまたはno、省略時はno
モジュール自動更新(AutoUpdate)は、コンテキサーのバージョンが提供された場合に、更新を確認するメッセージを表示するかどうかを指定します。省略値はnoとなっており、最新版の情報を確認しません。この値をyesとすると、アプストウェブウェブサイトに新しいコンテキサーが提供されている場合に、更新確認メッセージが表示されます。
ProfileDownload 業務プロファイルをサーバから取得するかの指定 yesまたはno、省略時はyes
前回の設定を継続する(PreviousSetting)は、同じマシンで前回コンテキサーを終了した状態を再現するかどうかを指定します。省略値はnoです。この値をyesとすると、前回実行していた業務プロファイルを読込み、さらに画面の状態などを前回終了時と同じ状態とします。
PreviousSetting 前回実行時の設定を再現するかの指定 yesまたはno、省略時はno
業務プロファイルをサーバーから取得する(ProfileDownload)は、起動時に対象とする業務プロファイルをサーバーからダウンロードして実行するかどうかを指定します。この設定がyesの場合、グループに応じてサーバー側で指定した業務プロファイルがダウンロードされ、それをコンテキサーが実行します。
WebProxy インターネット接続時のプロキシサーバ server,user,pass,port属性を指定する
インターネット環境で外部との更新がすべて社内のプロキシサーバ経由で行われている場合には、プロキシサーバに対する認証情報を指定します。
ライセンスサーバまたはサイトサーバへの接続には、ここで指定したプロキシサーバが使用されます。

設定ファイルの管理 [Professional版のみ]

Professional版では、上記の内容をコンテキサー上で設定画面で設定できます。コンテキサーの「ファイル」メニューの「プロパティ」を選択し、プロパティ設定画面を開きます。そして、「初期ファイル」ボタンをクリックします。

 


2019年6月17日 更新