項目メニュー [Standard,Professional]

概要

コンテキサーのフォーム形式の表示画面において、項目のデータ表示域の部分を右クリックすると、項目メニューが表示されます。これによって、この項目に対するいくつかの操作を実行できます。

各パートの説明

項目メニューには、次の項目があります。それぞれについて説明します。

項目メニュー
図 項目メニュー
表 項目メニューの項目
番号 項目 説明
1 項目欄 この部分をマウスで右クリックするとメニューが表示されます。
2 値削除 この項目の値をnull(値がない状態)とします。
3 非表示 入力用部品を一時的に非表示にします。
4 項目名表示 非表示としたラベルを再表示します。
5 タブ移動 タブキーによって対象項目に移動するかを指定します。
6 連続入力 直前の入力データの値を次のデータ入力に利用します。
7 入力チェック 入力時に制約によるチェックを有効とします。制約は、コンテキストの「表示条件」のフィルタ条件で指定します。「入力チェック」が有効な場合、フィルタ条件の該当する項目の条件が満たされないときに「メッセージ」欄に指定したメッセージを表示します。
8 確定処理 確定処理をチェックすると、入力欄でEnterキーを押した際に、レコードが確定されます。部品の形式が「プルダウン」の場合は、区分値を選ぶと確定されます
9 設定画面 選択したコンテキストの項目の設定画面を表示します。
10 項目削除 指定した項目をコンテキストから削除します。

 

起動方法

コンテキサーのフォーム画面の項目の値を入力するテキストボックス上で右クリックします。

 

2016年11月18日 更新