コマンド定義画面 [Standard,Professional]

概要

特定のロジックを実行する場合に、部品となるアクションを1つのコマンドとして定義し、これをボタンや特定のタイミングに応じて実行させることができます。コマンドの定義方法を示します。

各パートの説明

コマンドの定義は、コマンド定義画面によって行います。コマンド定義画面は、メニューの「管理」→「コマンド定義」によって表示できます。コマンド定義画面では、コマンドごとにアクションの種類と内容、そしてその実効順序を指定します。

コマンド定義画面
図 「コマンド」画面
表  「コマンド」画面の説明
番号 項目 説明
1 [登録] 登録ボタンをクリックすると、コマンドの定義内容を確定し登録します。
2 [新規] 新規ボタンをクリックすると、新規に新しいコマンドの登録を開始できます。
3 [複製] 複製ボタンをクリックすると、現在のコマンドを複製し、新しいコマンドとして定義できます。複製されたコマンドは、デフォルトで通し番号を数値で末尾に付加しています。
4 [削除] 削除ボタンをクリックすると、現在編集の対象となっているコマンドを削除します。
5 [ボタン順序] ボタン順序をクリックすると、ボタン順序指定画面が表示され、シートに割り付けられたボタンの位置を指定できます。
6 登録後に閉じる 登録後に閉じるをチェックしておくと、登録ボタンをクリックした後に画面を閉じてもとの操作に戻ります。
7 コマンド一覧 コマンド一覧では、現在登録されているコマンドが一覧として表示されます。一覧にあるコマンドをマウスで選択すると、そのコマンドが編集対象となります。
8 シート シートのコンボボックスでは、コマンドを実行するシートを選択します。
9 パネル パネルのコンボボックスには、選択したシートに属するパネルが候補として設定されます。コマンドをパネルと関連づける場合には、ここでパネルを選択します。パネルにボタンを配置する場合などは、この操作が必要となります。
10 説明 説明には、コマンドの説明を文章で指定します。ここで指定した内容は、シートコマンドボタンの場合に、マウスを移動したときに画面に表示されます。
11 「パネル」ラジオボタン コマンドボタンを、パネル上(入力フォーム内)に配置します。
12 「シート」ラジオボタン コマンドボタンを、シート上部のコントロールバーに配置します。「シート」で選択したシートに配置されます。
13 「全シート」ラジオボタン コマンドボタンを、すべてのシート上部のコントロールバーに配置します。
14 ボタン表示名 表示名は、コマンドボタンに表示する見出し文字列を指定します。
15 ボタン横幅 横幅は、コマンドボタンの横幅を指定します。ここで指定した横幅は、ボタンをシートまたはすべてのシートに配置した時に有効です。パネルの入力フォーム上に配置したときは、デザイン画面で横幅を指定してください。
16 メニューに表示する メニューのチェックがある場合には、このコマンドをメニューによって起動することができるようになります。コマンドというメニューが作成され、その中に表示名にしたがったメニューが設定されます。
17 実行時に再表示する 実行後に再表示にチェックがあると、コマンドを実行後に画面を再描画します。
18 すべてのシート すべてのシートをチェックすると、定義されたシートに含まれるコマンドをリストに表示します。
19 アクション内容 コマンドで実行するアクションの内容を実行する順に定義していきます。
20 実行タイミング 実行タイミングでは、コマンドを実行するタイミングを、ボタン、入力後、追加後、切替後、切替前、読込後、書出前、起動時、終了時の中から選択できます。
21 トリガー トリガーとなる対象コンテキストとして、実行タイミングが書出前、読込後の場合について、入出力コンテキストを指定します。
22 [テスト]ボタン 定義したコマンドを実行します。
番号 項目 説明
1 アクション種別 アクション種別では、各アクションに対して、アクション種別をあらかじめ定義されたものの中から選択します。
2 指定内容 指定内容は、アクション種別に応じたアクションの内容の定義となります。コンテキストから選択する場合、シートから選択する場合、あるいは選択が不要の場合など、それぞれのアクション種別ごとによって異なります。
3 引数1 引数1は、アクション種別ごとに定義されたパラメータを指定するためのものです。アクションごとの説明を参照してください。
4 引数2 引数2は、アクション種別ごとに定義されたパラメータを指定するためのものです。アクションごとの説明を参照してください。
5 引数3 引数3は、アクション種別ごとに定義されたパラメータを指定するためのものです。アクションごとの説明を参照してください。

実行タイミング

実行タイミングは、それぞれ次のようなタイミングが指定できます。

ユーザ操作をきっかけとする場合に加えて、コマンドアクションで操作した場合にも実行タイミングに該当するコマンドが実行されます。なお「読込後」「書出前」は、ユーザ操作でのみ実行されます。

表 実行タイミングの説明
種別 説明
ボタン ユーザがコマンドボタンをクリックした時点で実行します。
入力後 対象とするパネルにおいて、ユーザが値を変更してレコードを確定した時または「確定」アクションが呼び出された時に、実行します。入力フォームでは確定ボタンをクリックした時点で実行され、表形式ではエンターキーを押した時点で実行されます。
追加後 ユーザ操作で新しいレコードが追加された時に実行します。この直後に「入力後」に実行するコマンドも実行されます。
切替後 ユーザ操作または「シート切替」アクションで、対象シートに切り替わり、パネルのレコードの読み込みが完了した時に、実行されます。
切替前 ユーザ操作または「シート切替」アクションで、対象シートから他のシートへ切り替わる直前に実行されます。
読込後 ユーザ操作または自動読み込みで、コマンド対象の入出力コンテキストへのデータが読み込まれて、成功した直後に実行します。
書出前 ユーザ操作でコマンド対象の入出力コンテキストをデータを書出す直前に実行します。
起動時

業務アプリを起動して画面が表示された直後に実行します。

終了時 業務アプリを終了する直前に実行します。

コマンドボタン順序の変更

コマンドボタンの配置場所は、パネル内のフォーム上とシート上部のコントロールバーがあります。

コマンドボタンをシート上部のコントロールバーに配置する場合は、さらに個別のシートのみに表示するか、すべてのシートに表示するかが選択できます。

[ボタン順序]ボタンをクリックすると次の図のような「シート上のボタンの順序」画面が表示されます。
この画面では、シート上部にコマンドボタンを配置した場合のコマンドボタンの表示順を指定できます。

「シート上のボタンの順序」画面
図 「シート上のボタンの順序」画面
表 「シート上のボタンの順序」画面の説明
番号 項目 説明
1 上移動 上移動ボタン(▲)をクリックすると、選択されたボタンが1行上に移動します。移動した時点で確定されており、登録ボタンは必要ありません。
2 下移動 下移動ボタン(▼)をクリックすると、選択されたボタンが1行下に移動します。移動した時点で確定されており、登録ボタンは必要ありません。
3 ボタンリスト ボタンリストには、対象となるシートにシートボタンとして表示される候補が設定されます。

 

アクションの種類

参照マニュアルをご覧ください。

 

起動方法

コンテキサーのトップメニュー「管理」から、「コマンド」を選択します。

 

2017年4月18日 更新