フォーム編集画面 [Standard,Professional]

概要

コンテキサーのフォーム形式の画面における入力項目やボタンなどの部品をデザインする画面です。フォーム編集画面では、自動的に生成されたフォーム画面を、実際に使用する業務アプリとして操作しやすい形に再設定できます。

各パートの説明

フォーム編集画面には、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

「フォーム編集」画面
図 「フォーム編集」画面
表  「フォーム編集」画面の説明
番号 項目 説明
1 プレビューボタン プレビューボタンをクリックすると、実行時にユーザが操作する画面の状態を一時的に表示します。
2 デザインボタン デザインボタンをクリックすると、プレビュー状態から、デザインモードに入力フォームが切り替わります。
3 順序 [順序]ボタンをクリックすると、TabキーまたはEnterキーによるカーソル移動順序を任意の順番に設定できます。
4 グリッド グリッドの値は、入力フォーム上で部品を配置する際の位置のまるめを制御します。例えば、グリッドが10の場合は、10ピクセル単位で部品が配置されます。ただし、すでに配置されているものについては、影響しません。
5 元に戻す 元に戻すアイコンをクリックすると、直前の部品に対する変更を取り消して、一つ前の状態に戻します。
6 確定チェック 確定をチェックすると、入力フォームに[確定]ボタンが表示されます。
7 取消チェック 取消をチェックすると、入力フォームに[取消]ボタンが表示されます。
8 新規チェック 新規をチェックすると、入力フォームに[新規]ボタンが表示されます。[新規]ボタンは、パネルコンテキストに「追加許可」がある場合に利用できます。
9 削除チェック 削除をチェックすると、入力フォームに[削除]ボタンが表示されます。[削除]ボタンは、パネルコンテキストに「削除許可」がある場合に利用できます。
10 タブ追加
タブ削除
[+]ボタンをクリックすると、新しいタブを追加します。タブ名を指定すると、入力フォームにタブが追加されます。1つ目のタブは、タブなしの部品配置をそのまま引き継がれます。
[-]ボタンをクリックすると、現在のタブが削除されます。タブが現在タブのみ場合には、最後のタブの部品配置がタブなしの入力フォームに引き継がれます。
11 名前変更 [名前変更]ボタンをクリックすると、現在のタブ名を変更できます。
12 タブ移動 [<]ボタンまたは[>]ボタンをクリックすると、現在タグを左または右へ移動できます。
13 水平 [水平]ボタンをクリックすると、入力フォームにあるデータ項目が横方向優先で自動配置されます。縦方向優先の場合には、入力フォームの左右方向に余裕がある場合には、まず同じ高さで右に配置を行います。
14 垂直 [垂直]ボタンをクリックすると、入力フォームにあるデータ項目が縦方向優先で自動配置されます。縦方向優先の場合には、入力フォームの上下方向に余裕がある場合には、まず同じ列で下方向で配置を行います。
15 ボタン 「ボタン」にチェックがあると、入力フォーム上にあるボタンが常に自動配置されます。
16 [文字]ボタン [文字]ボタンをクリックすると、入力フォームに任意の文字を表示できます。ここで定義した文字は、部品として、フォーム上で固定的に表示されます。
17 [直線]ボタン [直線]ボタンをクリックすると、入力フォームに任意の直線を表示できます。ここで定義した直線は、部品として、フォーム上で固定的に表示されます。
18 [矩形]ボタン [矩形]ボタンをクリックすると、入力フォームに任意の矩形を表示できます。ここで定義した矩形は、部品として、フォーム上で固定的に表示されます。
19 未割付項目 入力フォームまたはそこで開いている対象タブにおいて、非表示となっている項目が表示されます。
20 項目追加 未割付項目リストで選択された項目を、入力フォームまたはそこで開いているタブに部品として追加します。
21 文字配置 選択されたラベルやボタンの文字位置を、右寄せ、中央寄せ、左寄せの順に切り替えます。
22 フォント 選択されたラベルやボタンのフォントやスタイルを指定します。
23 文字サイズ 選択されたラベルやボタンの文字サイズを指定します。
24 太さ 選択された直線や矩形の線の太さを指定します。
25 前景色 選択されている部品の文字色を変更できます。クリックすると、色パレットが表示され、対象となる部品の文字色を指定できます。
26 背景色 選択されている部品の背景色を変更できます。ボタンをクリックすると、色パレットが表示され、対象となる部品の背景色を指定できます。背景色は、ボタンや矩形,ラベルに設定できます。
27 最前面へ 選択された部品の表示順序が、他の部品よりも手前に移動されます。
28 最後面へ 選択された部品の表示順序が、他の部品よりも後ろに移動されます。
29 左整列 選択されている複数の部品を、左端のラインで揃えます。
30 左右中央揃え 選択されている複数の部品を、縦中央のラインで揃えられます。
31 右整列 選択されている複数の部品を、右端のラインで揃えられます。
32 上整列 選択されている複数の部品を、上端のラインで揃えられます。
33 上下中央揃え 選択されている複数の部品を、横中央のラインで揃えられます。
34 下整列 選択されている複数の部品を、下端のラインで揃えられます。
35 設定クリア [設定クリア]ボタンをクリックすると、色やサイズなどの設定を初期状態に戻すことができます。

デザインモードの切替

入力フォームの部品の配置や大きさを変更するには、フォームをデザインモードに切り替えます。入力フォームにて右クリックで表示されるフォームメニューで「画面デザイン」を選択すると、デザインモードに切り替わります。

図 フォームメニュー

デザインモードになると、入力フォームの表示が切り替わり、同時に「フォーム編集」画面が表示されます。

図 通常モードとデザインモード

デザイン画面での操作

デザイン画面では、各部品の大きさをマウスで変更できます。まず、大きさを変更したい部品をマウスで選択します。選択すると、部品の境界部分が点線に変わります。その後、次の図のように、マウスで境界部分をドラッグして、境界位置を移動させてください。

図 部品の大きさの変更操作

複数の部品を同時に選択するには、次の図のように、マウスをドラッグして、矩形が選択したい部品に含まれるように囲って指定します。また、[Ctrl]キーを押しながら、複数の部品を選択していくこともできます。

図 部品の複数選択

また、デザインモードでは、ラベルやボタンで右クリックすると、次のようなポップアップメニューが表示されます。

このメニューから表示文字を変更できます。これにより、コンテキスト項目の表示名は、表形式部分の列タイトルとは別に、入力フォーム上のタイトルを指定できます。また「大きさ自動調整」にて、文字に応じてラベル部品の大きさを調整できます。

図 「文字変更」

起動方法

コンテキサーのトップメニュー「表示」から、「フォーム編集」を選択します。または、対象フォームにおいて、フォームメニューを開き、「画面デザイン」を選択します。

 

2016年11月24日 更新