コンテキスト連携(限定)定義画面 [Standard,Professional]

概要

コンテキスト連携には、大きく分類して、限定、転記補助の3種類の形式があります。

コンテキスト連携「限定」では、対象とするコンテキストが他のコンテキストに従属し、そこで選択された内容によって、自分自身のデータを限定(フィルタ)します。連携先のコンテキストと、対象コンテキストの項目間の関係を定義する必要があります。

限定のイメージ
図 限定のイメージ

各パートの説明

連携(限定)の定義画面には、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

「基本設定」タブ
図 「コンテキスト連携(限定)」画面の「基本設定」タブ
表 「基本設定」タブの項目
番号 項目 説明
1 登録 [登録]ボタンをクリックすると、連携設定を確定し内容を登録します。
2 限定定義一覧 限定定義コンボボックスは、対象コンテキストで定義されている連携情報が表示されています。定義を表示または編集する場合には、該当する連携名を選択します。
3 新規 [新規]ボタンは、現在の設定を終了し、新規の連携情報定義を開始する場合にクリックします。
4 削除 [削除]ボタンは、現在表示されている連携情報を削除し、定義から取り除く場合にクリックします。
5 登録後に閉じる 「登録後に閉じる」をチェックしておくと、登録ボタンをクリックしデータを登録した後に、画面を閉じます。チェックをはずすと、引き続き定義を継続できます。
6 連携名 連携名は、ここで定義するコンテキストの連携情報に対するユニークな識別名です。連携(限定)、連携(補助)、連携(転記)のすべてについてユニーク(重複がないこと)でなければなりません。なお、コンテキサーが状況に応じて、省略した場合の名称を設定します。
7 連携先 連携先のコンボボックスでは、このコンテキストの連携先となるコンテキストを選択します。「連携先なし」チェックを入れると、自分自身で完結させることも可能です。
8 連携先なし 「連携先なし」をチェックすると、連携先コンテキストが対象コンテキスト自身であるとみなされます。この場合は、比較対象が固定値となります。
9 無効 「無効」をチェックすると、この連携を一時的に無効として使います。ctpファイルの保存時には、この設定は保存されません。
10 ボタンを表示する 「ボタンを表示する」をチェックすると、シートにこの連携を実行するためのボタンが作成されます。ボタンの作成時に、この連携を実行するコマンドが定義されます。既定では、シートにボタンが配置されますが、コマンド定義にて変更可能です。
11 ボタン名 ボタン名では、連携(限定)を実行するボタンに表示する文字列を指定します。
12 該当レコードのみ取得 「該当レコードのみ取得」をチェックすると、連携先コンテキストに定義されたいずれかのデータと関係があるすべての対象データを表示します。
13 該当レコードを除外 「該当レコードを除外」をチェックすると、連駅先コンテキストに定義されたすべてのデータと関係がない対象データが、対象コンテキストとして選択されます。
14 選択されたレコードで限定 選択レコードでフィルタをチェックすると、連携先のコンテキストのレコードをユーザが選択した時点で、対象コンテキストのフィルタを実行します。
15 未選択時はすべて取得 未選択時は無効化をチェックすると、連携先のコンテキストのデータが選択されていない場合に、対象コンテキストのデータはフィルタ化されずにすべて表示されるようになります。チェックがない場合には、連携先のコンテキストが選択されていない場合は、対象コンテキストにもデータが表示されなくなります。
16 親子編集を行なう 親子複製、親子削除を実行する際に、このチェックがあると、連携先のコンテキストの子として認識され処理の対象となります。
17 選択伝播 連携先でレコードが選択されると、連携キーが対応する対象コンテキストのレコードを選択するかどうかを指定します。

連携キー

[連携キー]タブを開くと、次のような連携キー設定画面が表示されます。連携キーとは、対象コンテキストに含まれるデータと連携先コンテキストに含まれるデータとの間で、連携関係のペアが成立するための条件となります。

「連携キー」タブ
図 「コンテキスト連携(限定)」画面の「連携キー」タブ
表 「連携キー」タブの項目
番号 項目 説明
1 連携元コンテキスト項目 連携元コンテキストの欄では、連結キーのペアの一方である、自分のコンテキストに含まれる項目を選択します。
2 連携先コンテキスト項目 連携先コンテキストの欄では、連結キーのペアの他方である、連携先コンテキストに含まれる項目を選択します。
3 比較方法 2つの項目の比較方法として、コンボボックスで比較方法の候補が提示されます。この中から選択します。選択しなかった場合には、省略値として”等しい”が設定されます。
4 自動設定 自動設定ボタンをクリックすると、対象コンテキスト、連携先コンテキストを調べ、同じ名称の項目があった場合にそのペアを示します。これは、入力を簡易化するための便利ツールで、画面上だけの操作となります。

固定値

「基本設定」で“連携先なし”をチェックした場合には、“固定値”のタブが表示され、“固定値”のタブをクリックすると、次のように各項目に対する制約を設定する画面が表示されます。

「固定値」タブ
図 「コンテキスト連携(限定)」画面の「固定値」タブ
表 「固定値」タブの項目
番号 項目 説明
1 連携元コンテキスト項目 連携元コンテキストの欄には、連結キーのペアの一方である、自分のコンテキストに含まれる項目を選択します。
2 定数値 連結キーのペアの他方である、比較対象となる定数値を指定します。
3 比較方法 2つの項目の比較方法として、コンボボックスで比較方法の候補が提示されます。この中から選択します。選択しなかった場合には、省略値として”等しい”が設定されます。

起動方法

コンテキサーの「編集」メニューの「詳細定義」サブメニューから、「連携(限定)」を選択します。

 

2017年12月20日 更新