コンテキスト連携(補助)定義画面 [Standard,Professional]

概要

コンテキスト連携には、大きく分類して、限定転記、補助の3種類の形式があります。

コンテキスト連携「補助」は、対象とするコンテキストにレコードを追加またはレコードの値を修正する場合に、連携先のコンテキストのレコードの値を使って補完する機能です。

補助は、連携先のコンテキストのレコードをユーザが選択し、あらかじめ定義された項目間の対応関係にしたがって、値を入力します。

補助のイメージ

図 補助のイメージ

各パートの説明

連携(補助)の設定画面には、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

「コンテキスト連携(補助)」の「基本設定」タブ

図 「コンテキスト連携(補助)」の「基本設定」タブ

表 「基本設定」タブの項目
番号 項目 説明
1 登録 [登録]ボタンは、連携設定を確定し内容を登録する場合にクリックします。
2 補助定義一覧 補助定義コンボボックスは、対象コンテキストで定義されている連携(補助)情報が表示されています。定義を表示または編集する場合には、該当する連携名を選択します。
3 新規 [新規]ボタンは、現在の設定を終了し、新規の連携情報定義を開始する場合にクリックします。
4 削除 [削除]ボタンは、現在表示されている連携情報を削除し、定義から取り除く場合にクリックします。
5 登録後に閉じる 「登録後に閉じる」をチェックしておくと、登録ボタンをクリックしデータを登録した後に、画面を閉じます。チェックをはずすと、引き続き定義を継続できます。
6 連携名 連携名は、ここで定義するコンテキストの連携情報に対するユニークな識別名です。連携(限定)、連携(補助)、連携(転記)のすべてについてユニーク(重複がないこと)でなければなりません。なお、コンテキサーが状況に応じて、省略した場合の名称を設定します。
7 連携先 連携先のコンボボックスでは、このコンテキストの連携先となるコンテキストを選択します。
8 ダブルクリック許可 ダブルクリック許可をチェックすると、連携先のコンテキストのデータをダブルクリックしたときに、対象コンテキストのデータにその内容が転記されます。対象コンテキストで既存のデータが選択されている場合は、その内容が修正されます。データが選択されていない場合は、入力フォームの入力データとして連携先のデータがコピーされます。
9 ドロップを許可(追加) ドロップを許可をチェックすると、対象コンテキストが編集モードである場合に、連携先コンテキストのデータをドラッグし、対象コンテキストの表形式部分上にドロップすることで、新しいレコードを追加して入力されます。
10 集計演算を行なう 補助の実行によって新しい値を設定する場合に、上書きではなく演算を行なう場合にチェックします。常に最大値を取る場合などに対応できます。
11 省略値取得 省略時取得にチェックがある場合には、対象コンテキストに新規にデータを設定するときに、入力フォームの値入力域に、連携先コンテキストの選択データの値が省略値として表示されます。連携先コンテキストのフォーカスを移動するたびに、対象コンテキストの入力域の値が変更となります。
12 補助画面を利用する 補助画面を利用するをチェックすると、対象パネルのパネルバーの右側に補助画面名が表示され、それをクリックして補助画面を表示することができるようになります。
13 補助画面名 画面名に設定した文字列は、連携先コンテキストを補助画面で表示した場合に、タイトルバーに表示されます。
14 ボタンを表示する 「ボタンを表示する」をチェックすると、シートにこの連携を実行するためのボタンが作成されます。ボタンの作成時に、この連携を実行するコマンドが定義されます。既定では、シートにボタンが配置されますが、コマンド定義にて変更可能です。
15 ボタン名 ボタン名では、ボタンで連携(補助)を実行する場合のボタンに表示する文字列を指定します。

転記内容

連携する項目を指定します。

「コンテキスト連携(補助)」の「転記内容」タブ
図 「コンテキスト連携(補助)」の「転記内容」タブ
表 「転記内容」タブの項目
番号 項目 説明
1 生成 [生成]ボタンをクリックすると、連携元と連携先のコンテキストに 含まれている項目名をもとに、補助内容の候補と思われるものを コンテキサーが自動でリストに設定します。
2 対象項目 補助の実施内容としてリストが表示され、その項目名には、対象コンテキストのなかで、値が書き込まれる対象となる項目が示されます。
3 コピー元 コピー元には、連携先コンテキストの中で、値を取り出す項目が指定されます。
4 定数値を入力する チェックされている場合には、対象レコードの対象項目の値として、「定数値」欄に指定した値が入力されます。
5 定数値 定数値は、定数値にチェックがある場合に有効となり、ここに設定された値が対象項目の値として入力されます。
6 フォーマット フォーマットは、コピー元の内容を、コピー先である対象項目に設定する際に変換フォーマットを指定します。

起動方法

コンテキサーの「編集」メニューの「詳細定義」サブメニューから、「連携(補助)」を選択します。

 

2016年6月23日 更新