コンテキスト連携(転記)定義画面 [Standard,Professional]

概要

コンテキスト連携には、大きく分類して、限定、転記、補助の3種類の形式があります。

コンテキスト連携(転記)とは、転記元となる連携先コンテキストのデータを、転記先となる 転記を定義している対象コンテキストへ転記する機能です。

転記には、大きく2つの操作があります。

1つ目は、転記元コンテキストのそれぞれのデータに対して、転記先の対象コンテキストのデータを調べる操作です。例えば、転記元コンテキストのレコードの特定の項目の値について、条件に該当する転記先のコンテキストのレコードの項目へ入力できます。

転記のイメージ
図 転記のイメージ

また条件に該当するレコードが存在しない場合には、転記元にあるデータを転記先の対象コンテキストへ追加することもできます。これをマージ処理とも呼びます。

転記(マージ)のイメージ
図 転記(マージ)のイメージ

2つ目は、転記先の対象コンテキストのそれぞれのデータについて、連携先コンテキストにある関係するデータを探す操作です。例えば、転記先の対象コンテキストの1件のデータが、転記元コンテキストの複数のデータに対応する時などにおいて、それらの合計値や最小値、最大値などを集計できます。

転記(集計)のイメージ
図 転記(集計)のイメージ

各パートの説明

連携(転記)定義画面には、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

「基本設定」タブ
図 「転記」画面の「基本設定」タブ
表 「基本設定」タブの項目
番号 項目 説明
1 登録 [登録]ボタンは、連携設定を確定し内容を登録する場合にクリックします。
2 転記定義一覧 転記定義コンボボックスは、対象コンテキストで定義されている連携(転記)情報が表示されています。定義を表示または編集する場合には、該当する連携名を選択します。
3 新規 [新規]ボタンは、現在の設定を終了し、新規の連携情報定義を開始する場合にクリックします。
4 削除 [削除]ボタンは、現在表示されている連携情報を削除し、定義から取り除く場合にクリックします。
5 登録後に閉じる 「登録後に閉じる」をチェックしておくと、登録ボタンをクリックしデータを登録した後に、画面を閉じます。チェックをはずすと、引き続き定義を継続できます。
6 連携先 連携先のコンボボックスでは、このコンテキストの転記元(連携先)となるコンテキストを選択します。
7 連携名 連携名は、ここで定義するコンテキストの連携情報に対するユニークな識別名です。連携(限定)、連携(補助)、連携(転記)のすべてについてユニーク(重複がないこと)でなければなりません。なお、コンテキサーが状況に応じて、省略した場合の名称を設定します。
8 無効 「無効」をチェックすると、この連携を一時的に無効として使います。ctpファイルの保存時には、この設定は保存されません。
9 更新時に初期化する 「更新時に初期化する」がチェックされると、集計する前に該当する項目の値を初期化します。集計する転記の際、対象コンテキストにすでに転記元(連携先)コンテキストと連携キーが合致するレコードが存在する場合は、転記時に値をクリアしてから集計します。転記元に存在しないレコードについては、値がクリアされません。
10 複数の場合は集計する 複数の場合は集計するがチェックされると、対象コンテキストの1つのデータに対して、転記元(連携先)コンテキストの複数のデータを対応づけることが可能となり、それらの値を集計します。集計方法は、項目設定の集計方法で指定します。
11 追加を許可(マージ) 存在しない場合は追加するがチェックされると、連携先コンテキストのすべてのデータに対して対象コンテキストのデータをしらべ、対応するデータがない場合に対象コンテキストにデータを追加します。
12 転記元は全データとする 転記の対象とする転記元のレコードは、フィルタやソート、連携(限定)される前のすべてのレコードを対象とします。
転記元のコンテキストがフィルタや連携(限定)で絞り込まれている場合でも、すべてのレコードが転記の候補となります。また、ソートされている場合でもエンティティに格納されているソート前の順番となります。
13 選択行のみ対象とする 転記先コンテキスト(転記を設定しているコンテキスト)にて選択されたデータについてのみ、転記元(連携先コンテキスト)からデータ転記します。
14 確定時自動補完 「確定時自動補完」をチェックすると、連携キーで定義されている項目の値をユーザが編集した際に、この転記が行われます。ただし、入力された値が連携先コンテキストの複数レコードが合致する場合、最初に見つかったレコードのみが転記されます。
15 ボタンを表示する 「ボタンを表示する」をチェックすると、シートにこの連携を実行するためのボタンが作成されます。ボタンの作成時に、この連携を実行するコマンドが定義されます。既定では、シートにボタンが配置されますが、コマンド定義にて変更可能です。
16 ボタン名 ボタン名では、ボタンで連携(転記)を実行する場合のボタンに表示する文字列を指定します。

連携キーの定義

転記の場合には、限定の場合と異なり、図のように、連携先コンテキストが左側に配置されています。つまり、連携先コンテキストのデータ項目の値が、対象コンテキストのデータ項目の値よりもどうであるか、という条件をここで指定することになります。

「連携キー」タブ
図 「転記」画面の「連携キー」タブ
表 「連携キー」タブの説明
番号 項目 説明
1 連携先(転記元)コンテキスト項目 連携先コンテキスト項目欄では、連結キーのペアの他方である、連携先コンテキストに含まれる項目を選択します。
2 連携元(転記先)コンテキスト項目 連携元コンテキスト項目欄では、連結キーのペアの一方である、自分のコンテキストに含まれる項目を選択します。
3 比較方法 2つの項目の比較方法として、コンボボックスで比較方法の候補が提示されます。この中から選択します。選択しなかった場合には、省略値として”等しい”が設定されます。
4 自動設定 自動設定ボタンをクリックすると、対象コンテキスト、連携先コンテキストを調べ、同じ名称の項目があった場合にそのペアを示します。これは、入力を簡易化するための便利ツールで、画面上だけの操作となります。

転記内容

転記する際の転記する項目を指定します。

「転記内容」タブ
図 「転記」画面の「転記内容」タブ
表 「転記内容」タブの項目
番号 項目 説明
1 生成 生成ボタンをクリックすると、連携元と連携先のコンテキストに含まれている項目名をもとに、転記内容の候補と思われるものをコンテキサーが自動でリストに設定します。
2 対象項目 対象項目は、連携元(転記先)コンテキストの中で、値が転記される項目を指定します。
3 連結項目 連結項目は、連携先(転記元)コンテキストの中で、転記する値を保持している項目を指定します。
4 定数 定数にチェックがある場合には、連結項目の値を転記せずに、「定数値」で指定した値を対象項目へ入力します。
5 定数値 定数値には、対象項目に入力する値または式を指定します。定数値にチェックがある場合に、有効です。
6 逆向 逆向にチェックがある場合、通常とは逆に、転記先の対象項目の値または定数値を、転記元の連結項目へ転記します。

起動方法

コンテキサーの「編集」メニューの「詳細定義」サブメニューから、「連携(転記)」を選択します。

 

2016年11月23日 更新