補助パネルの定義 [Standard,Professional]

概要

補助パネルの設定ウィザードでは、対象パネルに対して補助パネルを指定し、そこから簡易的にデータ入力するためのパネルを生成します。

各パートの説明

補助パネルの生成ステップには、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

補助パネルの生成画面(ステップ1)

図 「補助パネルの設定」ウィザード(ステップ1)

表 ステップ1の項目
番号 項目 説明
1 対象コンテキスト 補助パネルとして利用するコンテキストを指定します。
2 コピーを生成 補助となるコンテキストをコピーして利用する場合に指定します。特に、シートに埋め込む場合には、他のシートで利用されているコンテキストはこれをチェックしてください。
3 補助画面を利用する シートに組み込まず、その都度、ポップアップパネルとして利用する場合にチェックします。パネルバーの右側に補助画面を起動するためのアイコンが表示されます。
4 シート内に埋め込む 補助画面をシート内のパネルとして埋め込む場合にチェックします。「補助画面を利用する」にチェックした場合は利用できません。
5 ドラッグ&ドロップ許可 補助画面の行ヘッダをドラッグして、対象パネル上にドラッグすることを許可するかどうかを指定します。
6 省略値を設定する 省略値として補助画面を利用する場合は、補助画面で選択されているレコードが対象パネルにてデータを新規に追加した際のデフォルト値となります。
7 次へ 次のステップへ移動します。

ステップ2

続いてステップ2に進みます。

補助パネルの生成画面(ステップ2)
図 「補助パネルの設定」ウィザード(ステップ2)
表 ステップ2の項目
番号 項目 説明
1 取得項目チェック 補助画面から値をコピーする項目をチェックします。
2 VLOOKUP VLOOKUP(確定時自動補完)をチェックすると、対象パネル上で特定の項目の値を入力した時点で、連携先のコンテキストから値が合致するレコードを探し、該当するレコードの内容を対象の項目へコピーする機能を実装します。
3 対象項目生成 対象コンテキストの項目として、新規に生成するか、既存の項目から選択するかを指定します。
4 対象項目名 対象コンテキストの項目を指定します。この項目の値を設定または変更したら、取得項目チェクで指定した値が設定されます。
5 連結キー主キー 連携先のコンテキストの項目を主キーとする場合はチェックします。ここで主キーをチェックすると、連携先項目は自動で設定されます。
6 連結先項目 連携先のコンテキストの項目の中で、対象項目に対応するものを指定します。
7 戻る ステップ1に戻ります。
8 完了 完了ボタンを選択すると、指定した補助コンテキストが生成されます。

VLOOKUP機能は、連携(補助)ではなく、正確には連携(転記)機能の一部です。ただし、補助パネルの生成ウィザードでは、対象レコードに対する入力補助操作という観点から、同じカテゴリーであると判断し、これらの2つの設定を1つのウィザードとして定義しています。

起動方法

コンテキサーの「編集」メニューの「設定ウィザード」のサブメニューから、「補助パネル追加」を選択します。

 

 

2016年11月23日 更新