在庫管理アプリの作成(チュートリアル4)

概要

在庫管理アプリは、現在在庫をもとに、未来の在庫数の理論値を計算し、必要な入庫数を検討するためのものです。

在庫数は、在庫の初期値(昨日までの値)をもとに、それぞれの日の入庫数、出庫数によって計算されます。出庫数は、あらかじめ予定された出荷明細から決定します。在庫数が、マイナスになった場合、あるいは基準値よりも少なくなった場合に、展開画面上の表示色を変えることで、担当者に知らせます。

担当者は、展開画面を見ながら、必要な入庫数を入力し、その内容が入庫数の一覧に表示されます。

在庫管理アプリの作成

【ステップ1】在庫CSVファイルからパネルの作成

◆在庫のCSVファイルを読込みます。
◆「品番」項目を主キーとします。
◆「基準値」「初期値」項目を数値とします。

【ステップ2】在庫パネルの時系列展開

◆在庫パネルを時系列展開します。
◆「入庫」展開項目を追加します。
◆「出庫」展開項目を追加します。

【ステップ3】在庫数の条件と計算式の定義

◆「在庫」展開項目の計算式を定義します。
◆「在庫」展開項目の条件付きカラーを設定します。

【ステップ4】展開内容から入庫の抽出

◆展開内容に「入庫」項目を追加します。
◆不要な項目を削除します。
◆入庫数のフィルタを設定します。
◆展開内容パネルを在庫シートに移動します。

【ステップ5】出荷予定データの外部取得

◆出荷予定のCSVファイルからパネルを作成します。
◆「日付」項目を日付時刻とします。
◆「数量」項目を数値とします。

【ステップ6】出荷予定データの転記

◆出荷明細を転記する設定を指定します。
◆転記方法の条件を指定します。
◆転記のための連携キーを指定します。
◆転記する項目を指定します。

【業務シーン】入庫予定と在庫管理業務

◆出荷明細を展開部分に転記します。
◆「入庫」の行に数値を直接入力します。
◆入庫数の一覧を確認します。


チュートリアル一覧へ

2016年9月9日 更新