アプストマイザー


アプストマイザーとは?

アプストマイザー(APSTOMIZER)は、1999年に法政大学西岡教授によって開発され、長い間、教育研究用として無償で公開されてきました。スケジューリング技術が、APS(先進的な計画スケジューリング技術)として生まれ変わる上で、重要な要素となっている資材の制約の考慮や、イベント(事象)の考慮などを当時から実装し、日本オペレーションズリサーチ学会賞を受賞するなど、この分野の発展に大きく貢献しました。

 本ソフトウェアは、2007年3月にサポートを中止し、実行モジュールおよびソースコード等の管理が(株)アプストウェブに移管しました。現在、.NET Framework版としてプログラムを移植中ですが、旧バージョン(開発言語C++、Visual Studio 2005 MFC)は、以下の条件で利用可能です。



旧版APSTOMIZERのダウンロードは終了しました



ページのトップへ戻る