コンテキサー4リリースノート

コンテキサー4では、従来のコンテキサー3.1と比べて多くの機能が一新してより早くより使いやすくなりました。リリースノートでは、コンテキサー4の主要な変更点について説明します。

リボンUI

コンテキサー4では、リボンUIに一新しました。

ほとんどの機能がリボンのタブに配置され、整理されました。これまでは、定義や設定を変更するためにメニューやダイアログなどを深い階層まで開く必要がありましたが、より素早く機能を呼び出せるようになりました。リボン対応により、ショートカットキーやクイックアクセスバーも拡充され、より一層、アプリ設計が素早くできます。

リボンUIだけでなく多くの定義画面で、定義のグループ化や検索バーの設置など、大規模な業務アプリの開発でも快適に操作できるように各種UIを見直しました。

高速化

内部仕様の改善によって、パフォーマンスが大幅に向上しました。

入出力コンテキストからのレコード読み込み時のメモリ消費が大幅に削減され、3.x系でメモリ不足に陥るケースでも快適に読み込みできるようになりました。

また、エンティティのインデックスの改善により、転記や限定処理も、これまでよりも短時間で処理できるようになりました。

操作性の改善

担当者モードでの、各種の動作についても改善しました。

元に戻す

行の修正内容の「元に戻す」と「やり直し」に対応しました。

行の複数選択

表形式で一度に複数の行を選択できるようになりました。複数行の削除や、行内容のコピーと貼り付けがより便利になりました。

高DPI対応

現在主流の高解像度ディスプレイでも、文字や画像がぼやけずに鮮明に表示されます。

タッチ対応

タッチ対応ディスプレイでは、表形式上を上下左右にピンチすることで移動できるようになりました。タブレットなどの操作も便利になりました。

クラウドデータベース

クラウドデータベースライセンスをご契約の場合には、これまで通りクラウドデータベースが利用できます。コンテキサー4では、バイナリファイルを取り扱うことができるようになりました。これを使うことで行に添付ファイルを付けてアップロードしたりダウンロードしたりすることができ、図表の共有も可能となりました。

転記や限定における計算式

転記や限定の条件として、新たに定数や計算式を指定できるようになりました。これによって業務ロジックに必要なコンテキストを減らすことができ、業務アプリの開発やメンテナンスが容易になります。

新しいコマンドアクション

コンテキサー上でより高度なロジック演算が可能となるように次のようなコマンドアクションを追加しました。

  • 反復実行
  • 式判定
  • タイマー実行
  • タイマー終了
  • ログ出力
  • 注釈
  • ソート
  • フォーカス強制移動

コマンドラインによるバッチ起動

コマンドラインから特定の業務アプリ、またそのコマンドを実行できるようになりました。定期バッチ処理などをコンテキサー上で構築することが可能になりました。

新しい部品

コンテキサー4では、入力フォームの従来の部品に加えて次のような部品を貼り付けることができます。

  • プレビュー部品(エクスプローラでのプレビューに対応したファイル形式のみ)
  • 進捗バー(プログレスバー)
  • リストボックス

条件指定

フィルタや限定の条件に、次の選択肢が増えました。コンテキストを増やすこと無く、より複雑な条件を指定することができます。

  • 含む
  • 含まない
  • いずれか
  • いずれでもない
  • 始まる
  • 終わる

新しい関数

計算式における関数が追加されました。

  • EVAL
  • PHONETIC
  • ASC
  • JIS
  • ROWS
  • TEXT
  • ISNULL
  • NULL

サイト管理ページ

業務メニューに任意の画像をアップロードできるようになりました。

変更点

機能の改善に伴い次の点が変更となりました。

  • Windows7以降のみの対応となりました。リボンUI対応に伴ってWindows Vista以前のWindowsには対応しておりません。未対応環境ではコンテキサー3.1をご利用ください。
  • ライセンス認証プロセスの変更により、これまでのMACアドレス認証からマシンUID認証に移行します。新規導入時や再インストール時にコンテキサー4で認証するとマシンUID認証が優先されます。マシンUIDは、「G」で始まる14桁の文字列です。なお3.1と4を併用する場合は、3.1上で一度ライセンスを認証する必要があります(認証が完了すれば4でも起動可能です)。

従来版とのctpファイルの互換性

コンテキサー4は、従来のコンテキサー3.1/3.0/2.0のctpファイルと互換性があります。原則として従来版コンテキサーで作成した業務アプリは、コンテキサー4でも同じように動作するように設計されています。

ただし次のような理由により従来版コンテキサーと動作が異なることがあります。

  • 内部仕様の変更により、マニュアルに明記されていなかった挙動については、コンテキサー4に合わせて業務アプリの修正が必要となることがあります。
  • 内部仕様の変更により、従来版コンテキサーで正しく動作しなかった機能がコンテキサー4では動作する場合があります。その場合コンテキサー4で業務アプリの修正が必要です。
  • データ型の厳密化により、従来版コンテキサーでは警告されなかった変換が、エラーとなって表示されることがあります。その場合は、定義内容と実際のデータを確認のうえ、正しく変換出来るように修正が必要です。
  • 次の機能や動作について仕様変更が行われました。
    • フィルタの内容で「*」がワイルドカードを表していましたが、廃止されました。代わりにフィルタ条件「含む」「含まない」「始まる」「終わる」を選択して下さい。
    • 真偽値で未入力(NULL値)を厳密に判断するようになりました。具体的には、未入力がFalse(0/×)と見なされなくなりました。Falseまたは未入力のどちらも含む条件とする場合には、フィルタ条件に「True(1)」「でない」と指定する必要があります。
    • 3.1以前では、転記の「選択行のみ対象とする」について「追加を許可(マージ)」の有無によって選択の対象が転記元と転記先とで異なっていました。4.0では転記元・転記先とでそれぞれオプションが用意されました。3.1で保存されたctpファイルは自動的に適切な設定へ置き換わります。
    • 文字列から日時形式などのデータ型へ変換する際に書式チェックが厳密化されました。例えばCSVファイルからの読み込み時に、エンティティ属性に指定されたデータ型に変換できない文字列が読み込まれた場合には、エラーメッセージが表示されます。(3.1ではメッセージは表示させず未入力として扱っていました)

業務アプリをコンテキサー4へ移行する場合には、ご留意の上、動作確認してください。

バージョン間でのctpファイルの取り扱いについて

互換性維持のために、3.1で保存されたctpファイルをコンテキサー4で開いた際に、4向けの適切な設定へ自動的に置き換わる場合があります。

また、コンテキサー4で作成したctpファイルをコンテキサー3/3.1で開いた場合には、起動時に警告メッセージが表示されて一部挙動が変わることがあります。さらにコンテキサー4で新たに追加された定義や設定は、従来版コンテキサーで開き、再度保存すると消える場合があります。

なおコンテキサー1.0で作成したctpファイルとは互換性がありません。別途弊社サポートにてご相談ください。

2019年10月28日 更新

ページの先頭へ