コンテキサー概要

コンテキサーとは

コンテキサーは、業務向けアプリケーション(業務アプリ)を構築したり、既存の業務アプリを利用したりするためのツールです。構築した業務アプリは、自分もしくは同一部署内のコンテキサーで開いて利用することができます。コンテキサーは、業務アプリの開発者と利用者の双方のためのツールです。

コンテキサーの特徴

コンテキサーそのものには、具体的な業務に特化した専用画面やデータ形式、業務固有のロジックを持っていません。実際に業務も担う設計者が、まずは、自社の業務に合わせて、これらを定義して「業務アプリ」として構築しておきます。

構築した業務アプリは、同一部署内のコンテキサーで起動して、担当者が利用することもできます。また業務アプリを必要に応じて設計者がいつでも改良できます。設計者が自ら業務アプリを構築することによって、担当者の要望を反映しやすくなり、自社の業務で使いやすい業務アプリを自ら構築することができます。

業務アプリの構成

設計者は、コンテキサー上で、業務に利用するための業務アプリを構築します。業務アプリには、主に「コンテキスト」を作っていきます。コンテキストとは、データベースの行と列のような表形式の構造で、Excelのワークシートに近いイメージです。業務で取り扱う情報のまとまりを、コンテキストとして定義して、一件に含まれる項目を業務で必要な分だけ定義していきます。なおコンテキストは、既存のCSVファイルやデータベースのテーブルから取り込んで定義することもできます。

「パネルコンテキスト」には、担当者が具体的なデータを入力するための入力フォームと呼ばれる画面を作ります。設計者は、マウス操作で必要な項目欄を部品として貼り付けていきます。

「入出力コンテキスト」には、担当者が入力したデータの保存方法を決めておきます。コンテキサーでは、業務アプリの定義とは別に、CSVファイルなどのデータの保存先を決めておく必要があります。入出力コンテキストを定義すると、業務アプリの次回起動時に、保存先からデータを業務アプリに読み込ませることができます。

最後に、このようにして構築した業務アプリを、コンテキサーの業務アプリの定義を保持する形式であるctpファイルとして保存します。このctpファイルを同一部署内のコンテキサーで開くことで、同じ業務アプリを複数人で共有・利用することができます。

コンテキサーでの業務アプリは、「コンテキスト」を定義するだけの単純な構成からはじめることができるのが特徴です。実際の業務で取り扱う情報の内容を整理さえすれば、プログラミングの知識は必要なく、短時間で業務アプリを作ることができます。

担当者と設計者

コンテキサーでは、サイト内で業務アプリに関係する役割に、「担当者」と「設計者」があります。

担当者とは、コンテキサー上で業務アプリを利用する人です。設計者が作成した業務アプリを起動して、業務に応じて、パネルの内容を閲覧したり、パネルで情報を入力したりする役割を持ったユーザです。

設計者とは、コンテキサー上で業務アプリを作成する人です。業務アプリで使うコンテキストを定義したり、パネルをデザインしたりする役割を持ったユーザです。

業務アプリの配布

コンテキサーでは、設計者が作成した業務アプリを、サイトサーバを通じて、担当者PCのコンテキサーに配信する仕組みが用意されています。サイトサーバは、サイトライセンスをご契約の場合に利用できます。

2020年3月14日 更新

ページの先頭へ