概要

Excel連携設定では、Excelエクスポート機能「Excel出力」アクションでコンテキサーのシートにある各パネルの内容をExcelワークシートに出力する際の設定を変更できます。

表示方法

コンテキサーのリボン「定義」タブから、[Excel連携設定]を選択します。

画面の説明

次のような「Excel連携設定」画面が表示されます。

Excel連携設定
図 「Excel連携設定」画面
表 「Excel連携設定」画面の説明
番号 項目 説明
1 非表示列を出力する パネルの表形式では非表示の項目であっても、Excelエクスポート時には出力するかどうか選択します。
2 区分定義の表示名を出力する 区分が指定されている項目では、Excelエクスポート時に区分値と区分名を2列で出力するかどうか選択します。
3 選択された行のみ出力する パネルが限定の親コンテキストである場合、選択された行のみをExcelへエクスポートするかどうかを選択します。
4 ワークシートに出力しない Excelエクスポート時にこのパネルを出力しないがとうかを選択します。マスタなどExcel印刷する必要がないパネルでは、このチェックをすることでExcelエクスポートの対象外となります。
5 項目一覧 Excelエクスポート時に出力する項目の順番が列挙されています。ここに表示された順に、Excelのシートの列としてデータが出力されます。
6 上移動 項目リスト上で選択された項目の順序が上に移動します。
7 下移動 項目リスト上で選択された項目の順序が下に移動します。
8 [クリア]ボタン 上下に入れ替えた項目の出力順を元の状態に戻します。これにより、パネルの項目の順序と同じ並びとなります。
9 [登録]ボタン Excel連携の設定を登録します。
2020年7月11日 更新

ページの先頭へ