フィルターバーの利用 [Runtime以上]

概要

フィルタバーは、パネルに表示される対象データを検索条件を指定することで絞り込みます。フィルターバーを表示し、検索条件を少しずつ加えていくことで、対象データを徐々に限定していくことが可能です。この操作は一時的なもので、次回の業務アプリの実行時にはその内容は反映されません。

各パートの説明

フィルターバーには、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

図 フィルターバー
表 フィルターバーの説明
番号 項目 説明
1 バー消去ボタン 対象となるフィルタバーを消去します。対象となった条件は削除されます。
2 バー追加ボタン 新たにフィルタバーを追加します。複数のフィルタバー指定した条件をANDの関係で対象データを絞り込む場合に利用します。
3 プルダウン設定ボタン プルダウン設定ボタンをクリックすると、比較データがテキストボックスからプルダウンに変わり、その時点で候補となる値を選択できるようになります。再度クリックするとテキストボックスに戻ります。
4 項目選択プルダウン 対象コンテキストの項目が列挙されたプルダウンメニューから条件とする項目を選択します。一度選択され、検索が実行されると、その項目は固定されます。
5 条件指定プルダウン 対象レコードの対象項目の値と、比較先のレコードの値との比較方法をプルダウンリストから選択します。条件の種類は次節にて説明があります。
6 比較データ 比較データは、コンテキストの各レコードの対象項目の値と比較するデータを指定します。プルダウン設定ボタンをクリックした場合には、ここで候補値のプルダウンリストから選択することになります。
7 [検索]ボタン 検索ボタンをクリックすると、フィルタが実行されます。
8 クリアボタン クリアボタンをクリックすると、フィルタの条件がクリアされ、対象データが再表示されます。

条件の種類

フィルタで条件を指定する場合、次の条件指定の候補から選択します。値の大小関係は、文字列の場合は、コンピューターの環境によって定義された文字列の大小関係によって判断します。日付日時の場合には、日付が遅いほうが大きい数であると見なします。

表 条件指定の種類
番号 項目 説明
1 等しい 選択された項目の値が、比較データと等しいレコードが選択されます。(=)
2 より大きい 選択された項目の値が、比較データよりも大きいレコードが選択されます。(<)
3 以上 選択された項目の値が、比較データ以上であるレコードが選択されます。(<=)
4 等しくない 選択された項目の値が、比較データと等しいくないレコードが選択されます。(!=)
5 以下 選択された項目の値が、比較データ以下であるレコードが選択されます。(>=)
6 より小さい 選択された項目の値が、比較データよりも小さいレコードが選択されます。(>)
7 未定義 選択された項目の値が、未定義であるレコードが選択されます。(IS NULL)
8 定義あり 選択された項目の値が、定義済みであるレコードが選択されます。(IS NOT NULL)
9 =範囲指定= 選択された項目の値が、比較データの範囲にあるレコードが選択されます。この場合、比較データは上限、下限の2つを指定します。

 

起動方法

コンテキサーのシート上で、該当するパネルにおけるパネルバーの左端にあるフィルターアイコンを選択します。

 

2016年9月8日 更新