「ファイル」メニュー [Standard]

概要

コンテキサーのトップメニューです。コンテキサーの起動や終了、データや定義ファイルなどに関する外部とのインタフェースを指定します。

各パートの説明

「ファイル」メニューには、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

ファイルメニュー
図 「ファイル」メニュー
表 ファイルメニューの説明
番号 メニュー項目 説明
1 新規 現在行っている業務アプリケーションを終了し、新規に業務アプリケーションの定義を開始します。保存されていない業務アプリケーションの定義情報は捨てられます。
2 設定読込 ファイル入力用ダイアログが表示され、新しく業務アプリケーションの定義情報を読込みます。その時点での業務アプリケーション情報はクリアされます。(保存された定義情報は変わりません。)
3 設定保存 ファイル保存用ダイアログが表示され、現在の業務アプリケーション定義情報を保存します。
4 クリア 業務アプリケーションで利用しているすべての業務データをメモリ上からクリアします。保存されていないデータは、捨てられます。
5 データ読み込み データ入力画面が表示され、CSVファイルやRDBなどから業務データを読み込みます。
6 データ書き出し データ出力画面が表示され、CSVファイルやRDBなどへ業務データを書き出します。
7 データベース RDB機能が利用可能な場合に、データベースの接続設定を表示します。
8 クラウドデータベース クラウドデータベースが利用可能な場合に、データセットなどの接続設定を表示します。
9 最近使ったファイル 最近使った業務アプリケーションの定義ファイルを表示します。
10 Excel Excelに対してインポート、またはエクスポートできます。
「インポート」では、指定したExcel上のシートの内容を、新しいパネルとして新規に取得できます。
「エクスポート」では、対象シートにある各パネルのレコードをExcelへ転送し、Excel上のロジックを実行します。
11 終了 業務アプリケーションの処理を終了し、コンテキサーを終了します。

 

起動方法

コンテキサーのトップメニューから、「ファイル」を選択します。

 

2016年8月9日 更新