外部データ読込画面

概要

コンテキサーでは、業務データをデータソースから自動で読み込む機能があります。したがって、多くの場合、必要な業務データは、関連するシートを表示した時点、あるいは関連するロジックを実行した時点で読み込まれます。

業務データを、明示的にコンテキサーに読込むには、カスタムボタンで入力機能が設定されている場合を除いて、外部データ入力画面で行います。メニューの「ファイル」→「データ読み込み」を選択すると、入力可能なコンテキストによるインタフェースの一覧が表示されます。データを入力するためには、入力する行に左端のチェックを選択し、読込みボタンをクリックします。

各パートの説明

「外部データの読み込み画面には、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

「外部からのデータ読み込み」画面
図 「外部からのデータ読み込み」画面
表 「外部からのデータ読み込み」画面の項目
番号 項目 説明
1 読込む 読込みボタンをチェックすると、チェックされているファイルの読み込みが開始されます。
2 入力区分 コンテキストの入力区分を表します。入力区分を選択すると、該当する形式の入出力コンテキストのみが表に表示されます。
3 処理後に閉じる 処理後に閉じるをチェックすると、読込みボタンをクリックした後、読込みが終了した時点で入力画面を閉じます。
4 全選択 選択ボタンをクリックすると、すべての項目がチェックされます。
5 解除 解除ボタンをチェックすると、すべての項目のチェックが解除されます。
6 チェック チェックがあるものが読込みの対象となります。
7 名称 コンテキストの名称が表示されます。
8 ファイル名 読み込み先のファイルのパスが表示されます。右クリックして「ファイル」を選択すると保存先を変更できます。
9 種別 データ形式種別を表します。CSVやTEXT,TSV,RDBなどが表示されます。

 

起動方法

コンテキサーのトップメニュー「ファイル」から、「データ読み込み」を選択します。

 

2014年9月3日 更新