項目一覧画面

概要

選択しているパネルに対応するコンテキストの項目に関する設定画面です。項目名や対応するエンティティの属性、データ型などを設定できます。

各パートの説明

コンテキストの項目一覧画面には、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

コンテキスト項目一覧
図 「コンテキスト項目一覧」画面
表 「コンテキスト項目一覧」画面の説明
番号 項目 説明
1 登録 登録ボタンをクリックすると、それまでの定義内容を確定させ、コンテキストの設定を確定し登録します。
2 連結 連結定義画面が表示され、エンティティの連結に関する設定を行なうことができます。
3 登録後に閉じる 閉じるをチェックすると、登録時にコンテキスト定義画面を閉じます。チェックがない場合には、画面は閉じずに、続けて他のコンテキスト定義の操作を行なえます。
4 項目名 項目名は、コンテキストの各データを定義するために必要となる項目について、その識別名を示します。これは、コンテキストの中でユニークでなければなりません。
5 属性名 属性名は、項目がエンティティの属性に対応している場合に、その属性名を示します。項目がエンティティの属性と対応づけられていない場合、つまり、項目の値をコンテキスト自身が持つ場合には、属性名はブランクとなります。
6 表示 表示にチェックがある場合には、その項目をパネル上の表形式部分で表示します。チェックがない場合には、データは存在しますが、パネル上の表形式部分には表示されません。入出力用コンテキストの場合には、チェックがあるものを入出力の対象とし、チェックがないものは無視されます(CSVの場合は位置が詰められます)。
7 編集 チェックがある項目は、パネル用コンテキストの場合に、その項目の値を入力フォームで編集可能です。チェックがない項目は、入力フォームでその項目の値を変更できません。表形式部分では、その項目に入力フォーカスが移動できなくなります。
8 データ型 データ型のコンボボックスでは、項目の値のデータ型を指定します。
データ型には、文字列,番号,数値,日付時刻,時間幅,真偽値の中からいずれかを選択します。
9 区分名 項目が取り得る値の候補があらかじめ決定している場合には、それを区分として登録しておくことで、その候補値から選択するように指定できます。区分名は、その候補値のリストの名称です。ブランクの場合には、区分値のリストからの選択は行いません。区分名を設定した場合には、区分の種類により、データ型が番号または文字列のいずれかに設定されます。

区分の定義

区分名の列で区分としてあらかじめ定義されているものを選択せずに、「(新規)」を選択すると、あらたに区分データを定義できます。区分リストの定義画面には、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

「区分リストの生成」画面
図 「区分リストの生成」画面
表  「区分リストの生成」画面の説明
番号 項目 説明
1 区分名 定義する区分の識別名を指定します。
2 登録 区分データの登録を確定します。
3 区分リスト 区分リストを複数行で指定します。

起動方法

パネル編集画面において、[項目一覧]ボタンをクリックします。

 

2017年4月18日 更新