Excel連携設定画面

概要

Excel連携設定では、コンテキサーのシートデータをExcelエクスポート機能を利用してExcelシートに書き出す場合の詳細な設定を指定できます。

各パートの説明

コンテキスト詳細定義画面の「表示方法」タブに、Excelボタンがあります。このボタンをクリックすると、次のようなExcel連携に関する設定ができます。

Excel連携設定
図 「Excel連携設定」画面
表  「Excel連携設定」画面の説明
番号 項目 説明
1 登録 登録ボタンをクリックすると、Excel連携情報を確定し登録します。
2 非表示列を出力する これをチェックすると、表形式部分上は非表示の項目であってもExcelのシートへはデータ出力されます。チェックしない場合は、Excelシートのイメージとコンテキサー画面のイメージがほぼ同一となります。
3 区分データの表示名を出力する 区分名が指定している項目の場合、実際のデータと画面上での表示が異なります。この場合に、このチェックをすることで、区分値と区分名の2種類をExcelのデータとして出力します。この場合は、列数が1つの項目に対して2列とられます。
4 選択された行のみ出力する パネルが連携(限定)の親側である場合、つまり、そのパネルの行を選択することで、連携する子のコンテキストのデータがフィルタされる関係にある場合、このチェックをすることで、選択された親のレコードのみをExcelへ送信するようになります。
5 シートに出力しない Excelにはシートを構成するすべてのパネルのデータが送信されます。マスタ情報など、印刷する必要がない場合には、このチェックをすることでExcel上のシートとして出力されなくなります。
6 項目一覧 項目リストには、コンテキストの項目がリストとして表示されます。ここに表示された順に、Excelのシートの列としてデータが出力されます。
7 上移動 上移動ボタン(↑)をクリックすると、項目リスト上で選択された項目の順序が上に移動します。
8 下移動 下移動ボタン(↓)をクリックすると、項目リスト上で選択された項目の順序が下に移動します。
9 クリア [クリア]ボタンをクリックすると、上下に入れ替えた項目の出力順をもとの状態にもどします。これにより、画面上の順序(定義順)と同じならびとなります。

 

起動方法

「パネル編集」画面において、[Excel連携設定]ボタンをクリックします。

 

2014年9月3日 更新